Palace Skateboards「パーカー」のサイズ感を徹底解説します【パレス・スケートボード】

Palace Skateboards「パーカー」のサイズ感を徹底解説します【パレス・スケートボード】
Palace Skateboards「パーカー」のサイズ感を徹底解説します【パレス・スケートボード】

Palace Skateboards「パーカー」のサイズ感を徹底解説します【パレス・スケートボード】

みなさんはイギリス発のストリートブランドPalace Skateboards(パレス・スケートボード)をご存じでしょうか?

過去にSupremeでも取り扱われていた同ブランドは、今や世界的にも有名なストリートブランドにまで上り詰めました。

このPalace Skateboardsですが、今までは英語表記のみだったオンラインストアも2018年遂に日本語表記に対応し、今では買いやすいブランドに生まれ変わりつつあります。

とは言うものの実店舗で購入するには今だ東京にある旗艦店かドーバー・ストリート・マーケット・ギンザの2店舗しかなく、実物を見て購入するには今だハードルが高い状態です。

実物を見れないとなると1番に気になるのはサイズ感ですよね。

そこで今回は、Palace Skateboardsのパーカーのサイズ感について解説していきたいと思います。

東京になかなか足を運べなくオンラインで購入を検討している方は是非参考にしてみてください。

 

Advertisement

 

 

Palace Skateboardsのパーカーについて

実物写真

サイズ感の前に、簡単にですがPalaceのパーカーの実物写真をみていきましょう。

今回参考にするパーカーは、2018SSシーズンで発売されたS-Line Hoodedと言うパーカーです。

S-Line Hooded

ブランド:Palace Skateboards

コレクション:2018SS

材質:コットン100%

定価:約28,000円

 

✓ 前方

 

✓ サイド

 

✓ 後方

 

✓ タグ

 

 

着画でサイズ感をみる

ここからは本題のサイズ感について解説していきます。

まずは着画からです。168㎝の痩せ型Sサイズを着用しています。

最小サイズのSサイズでも、全体的に大きく見えますね。

特に着丈が長いようで、お尻が半分以上隠れる長さがあります。一般的なパーカーのMサイズくらいの着丈がありそうです。

また、身幅・袖丈・袖幅に関しても大きく感じ、一般的なSサイズのパーカーよりは確実に大きいと思います。

海外ブランドということで日本基準と比較し、格段に大きいようです。

 

部位毎でサイズ感をみる

上記の着画をもとに、部位毎でサイズ感をみていきたいと思います。

✓ 着丈

前述しましたが、かなり長く感じました。

お尻が半分以上隠れる長さがあり、ポケットから物を取り出す時、裾をめくらなければいけません。

Mサイズだったらさらに長くなりそうなので、私の体型(168cmの痩せ型)に近い方はSサイズに留めておくのをオススメします。

✓ 身幅

多少大きいくらいです。

SupremeののパーカーのSサイズとMサイズの中間くらいのサイズ感だと思います。

✓ 袖丈

長いです。

腕を伸ばすと手が殆ど隠れる長さがあります。最小サイズのSサイズでも十分な長さだと感じました。

✓ 袖幅

太いは太いですが、適度な太さだと思います。

一般的な日本サイズよりは太いですが、個人的には好みの太さです。

 

✓ まとめ

全体的には、かなり大きいと思います。

特に着丈が長いので、オーバーサイズで着用したいとしても、私の体型(168cmの痩せ型)に近い方はSサイズに留めておくのをオススメします。

いわゆる海外基準のサイズ感ですね。

 

 

まとめ

私の体型(168㎝の痩せ型)に近い方は、最小サイズのSサイズでも少しオーバーサイズ気味になってしまいます。

実際にMサイズやLサイズも試着したことがありますが、大きすぎて不格好になってしまったので、オーバーサイズで着用したい場合でもSサイズで留めておいた方が良いと思います。

また、Palace Skateboardはワンサイズ上げると日本サイズで言うツーサイズ以上大きくなるので、注意してサイズ選びをしてみてください。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。