【Supreme】「Suzie Switchblade Tee」2019SS サイズ感 レビュー

【Supreme】「Suzie Switchblade Tee」2019SS サイズ感 レビュー

2019年4月6日にSupremeの2019SS「Spring Tee」と題して、全9種類のTシャツが発売されました。

今なお人気が高い「Cupid Tee」をはじめ、アメリカのクリエイティブディレクターAndy Howellのアートワークを落とし込んだ「Molotov Kid Tee」や「Suzie Switchblade Tee」がラインナップされました。

そこで今回はこのSupremeの2019SS「Spring Tee」から「Suzie Switchblade Tee」をご紹介したいと思います。

Tシャツは毎シーズン必ず発売されるので、サイズ感など是非参考にしてみてください。

 

Advertisement

 

 

概要

ブランド:Supreme®

名称:Suzie Switchblade Tee

コレクション:2019SS

発売日:2019年4月6日

カラー展開:全8色(参考画像はパープル)

材質:コットン100%

定価:税込7,020円

8色展開とカラフルなカラー展開になりましたが、私は無難なブラックを購入しました。

オンラインで購入したのですが、特にかたまることもなくすんなり購入画面までいくことができました。

 

ちなみに名称の「Suzie Switchblade」とは、1990年代に絶大な人気を誇ったNew Deal Skateboards(アメリカのスケートボードチーム)のクリエイティブ・ディレクターAndy Howell(アンディー・ハウエル)のアートワークが元ネタです。

オリジナルには右手にナイフ、左手には何も持っていないのですが、今回Supremeが手掛けたデザインには右手にはスマホ?左手には自分と同じ格好をしたナイフを手にした人形を持っており、少しデザインが異なります。

何故このようになったのかは、非常に興味をそそられますね。

 

 

実物写真

久しぶりにオンラインで購入したので知りませんでしたが、現在はタグが切られることなく全タグの状態で発送されるみたいです。昔は半タグだったと記憶しているのですが、変わったのでしょうか。

 

 

サイズ感

168㎝の痩せ型Sサイズを着用しています。

 

着丈:長い

身幅:少し大きい

袖丈:少し長い

袖幅:太い

個人的にSupremeのTシャツは着丈が長い印象が一番にありますが、やはり今回も長く感じました。

また袖幅が今までより若干太くなった気がしました。

 

実際に前シーズンである2018FWのTシャツと比較してみます。

まずはサイズ表からです。表はSサイズの数値を示しています。

2018FW 2019SS
着丈 70cm 71cm
身幅 48cm 47cm
袖丈 22cm 21cm

数値上ですと、確かに2019SSのほうが1cmではありますが大きくなってます。

次に着画で比較していきましょう。

左:2019SS 右:2018FW

シワが目立つのはご了承ください。

2018FWは何回か洗濯しているので一概には言えませんが、見た目も2019SSのほうが一回り弱大きい気がします。

数値上では1cmの違いですが、確かに2019SSのほうが大きいようです。

 

 

まとめ

以上がSupremeの2019SSから「Suzie Switchblade Tee」のご紹介でした。

これからの季節に向けTシャツは是が非でも欲しかったので、無事購入できて良かったです。

サイズ感に関しては、私の体型(168㎝の痩せ型)ですとやはりSサイズがジャストのようです。

今シーズンのTシャツは今までよりも一回り弱大きくはなっていますが、そこまで気にするほどではないと思います。

しかしオーバーサイズで着用したいからといって、マイサイズよりツーサイズ上げてしまうと大分大きくなってしまうので、そこは実際に試着してからかワンサイズに留めておくのが良いと思います。

 

また同日に発売された「Molotov Kid Tee」のレビュー記事もあるので、是非ご覧ください↓

【Supreme】「Molotov Kid Tee」2019SS サイズ感 レビュー

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。