【購入レビュー】Supreme Molotov Kid Tee「サイズ感も解説します」2019SS

【購入レビュー】Supreme Molotov Kid Tee「サイズ感も解説します」2019SS
【購入レビュー】Supreme Molotov Kid Tee「サイズ感も解説します」2019SS

【購入レビュー】Supreme Molotov Kid Tee「サイズ感も解説します」2019SS

2019年4月6日(土)にSupremeの2019SSでSpring Teeと題し、全9種類のTシャツが発売されました。

今なお人気が高いCupid Teeをはじめ、アメリカのクリエイティブディレクターAndy Howellのアートワークを落とし込んだMolotov Kid TeeやSuzie Switchblade Teeがラインナップされています。

そこで今回はこのSpring TeeからMolotov Kid Teeをレビューしていきたいと思います。

Tシャツは毎シーズン必ず発売されるので、是非参考にしてみてください。

 

Advertisement

 

 

Molotov Kid Teeの概要

ブランド:Supreme®

名称:Molotov Kid Tee

コレクション:2019SS

発売日:2019年4月6日

カラー展開:全8色

材質:コットン100%

定価:税込7,020円

8色展開とカラフルなカラー展開になり、私は発色が良さそうなパープルを購入しました。

オンラインで購入したのですが、特にかたまることもなく、すんなりと購入画面までいくことができました。

ちなみにMolotov Kid とは1990年代に絶大な人気を誇ったNew Deal Skateboards(アメリカのスケートボードチーム)のクリエイティブ・ディレクターAndy Howell(アンディー・ハウエル)のアートワークが元ネタです。

ライターと火炎瓶らしきものを少年が持っており少し過激的ですが、イラストのタッチはとてもポップで、如何にもアンディー・ハウエルらしいデザインになっています。

 

 

実物写真

まずは実物写真から見ていきましょう。

・内容物

ステッカーが3種類も入っていました。さすがストリートの王様。太っ腹です。

 

・前方

綺麗な発色をしています。しかし何回も洗濯するとヒビ割れしてしまいそうな強度です。

言っても定価は8,000円弱なので、そこまで気にはしませんが。

 

・サイド

 

・後方

 

・タグ

久しぶりにオンラインで購入したので知りませんでしたが、現在は全タグの状態で発送されるみたいです。

昔は半タグだったと記憶しているのですが、変わったのでしょうか?

 

 

実際に着用してみた!

次に簡単にですがサイズ感についてレビューしていきたいと思います。

168㎝の痩せ型Sサイズを着用しています。

着丈が長く感じますがSupremeのTシャツは着丈が長いことでお馴染みなので今更違和感はありません。

しかし袖幅に関しては今までより少し太くなったような気がしました。

真相を探るため、1つ前のシーズンである2018FWのTシャツと比較してみたいと思います。

部位 2019SS

Sサイズ

2018FW

Sサイズ

着丈 70cm 71cm
身幅 48cm 47cm
袖丈 22cm 21cm

1cmではありますが2019SSのほうが太くなってました。1cmだけの違いですが実際に着用してみると数字以上に太く感じますね。

個人的に袖幅が太いのは好みなので嬉しいアップデートでした。

 

SupremeのTシャツのサイズ感についてより詳しく知りたい方は以下の記事で解説しています↓

【Supremeのサイズ感】Tシャツのサイズ感を徹底解説します!「Sサイズ・Mサイズ」

 

 

まとめ

これからの季節に向けTシャツは是が非でも欲しかったので、無事購入できて良かったです。

サイズ感に関しては私の体型(168㎝の痩せ型)ですとSサイズが最適のようです。

今シーズン(2019SS)のTシャツは1つ前のシーズン(2018FW)よりも袖幅が若干太くはなっていますが、そこまで気にするほどではないと思います。

同日に発売されたSuzie Switchblade Teeのレビュー記事もあるので、こちらも是非↓

【購入レビュー】Supreme Suzie Switchblade Tee「サイズ感も解説します」2019SS

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。