【Supreme】Tシャツ サイズ感 レビュー「S・Mサイズのサイズ感を徹底解説します」

【Supreme】Tシャツ サイズ感 レビュー「S・Mサイズのサイズ感を徹底解説します」

今や大人気ストリートブランドである「Supreme」ですが、気になるのが「サイズ感」ではないでしょうか。

「Supreme」では毎シーズン必ず10種類以上のTシャツが販売され、購入される方も多いと思います。

そこで今回はSupremeのTシャツのサイズ感(SとMサイズ)を解説していきたいと思います。

 

Advertisement

 

 

Supreme®とは

ご存じだとは思いますが、簡単にブランド紹介をします。

James Jebbia(ジェームス・ジェビア)が1994年にアメリカ・ニューヨークで設立したブランドです。

現在は年齢性別問わずさまざまな人に好まれていますが、もともとは「スケーターのため」のブランドでありました。

特徴は何と言ってもコラボ商品の多さではないでしょうか。

「THE NORTH FACE」をはじめ「VANS」「Louis Vuitton」と、誰もが知っている有名ブランドとコラボ商品を出し続けています。

日本では当時人気大絶頂だった窪塚洋介さんが着用して、人気に火が付きました。

引用:https://www.supremenewyork.com/index

Supremeの代名詞「BOX LOGO」

 

 

サイズ表

まずは基本のスペックを見ていきましょう。

部位 S M
着丈 70 73
身幅 50 53
袖丈 23 23.5

2017FWからサイズが一新され、Tシャツに関しては一回り大きくなりました。

個人的にSupremeのTシャツは、着丈が長い印象があります。

今季もおそらく上記のサイズ表で合っていると思います。

 

 

実物比較

●正面

左:Sサイズ 右:Mサイズ

●サイド

左:Sサイズ 右:Mサイズ

●後方

Mサイズのほうが一回り以上に大きく感じるのではないでしょうか。

特に着丈に顕著な違いが確認できると思います。

 

 

着画比較

168㎝の痩せ型S・Mサイズを着用。

●前方

左:Sサイズ 右:Mサイズ

●サイド

左:Sサイズ 右:Mサイズ

●後方

左:Sサイズ 右:Mサイズ

着用してみるとMサイズの方が着丈が長いのはもちろんですが、身幅も広く感じると思います。

SサイズとMサイズでは、数字以上にサイズ感が大きく異なっていると思っています。

私の体型ですと、ジャストで着用したいならSサイズ、大きめに着用したいならMサイズといったところでしょうか。

過去にLサイズ・XLサイズともに着用したことがありますが、どちらも大きすぎてしまい手放してしまいました。

私の体型に近い方は、SサイズかMサイズで用途によって選択すれば間違いないかと思います。

 

 

まとめ

以上がSupremeのTシャツのサイズ感のご紹介でした。

アメリカのブランドということもあり最小サイズのSサイズでも、私の体型(168㎝の痩せ型)でジャストかそれ以上のサイズ感があります。

逆にLサイズ・XLサイズは大きすぎてだらしなく見えてしまいますので、注意して購入を考えましょう。

ちなみに今回着用したTシャツは「Bedroom Tee(2018FW)」と「Crash  Tee(2017FW)」です。後日レビューしますね。

 

「Bedroom Tee」のレビューはこちら↓

【更新中】

 

「Crash  Tee」のレビューはこちら↓

【更新中】

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。