【マウンテンプルオーバーのサイズ感】Supreme×The North Face「文字ノース」レビュー

【マウンテンプルオーバーのサイズ感】Supreme×The North Face「文字ノース」レビュー
【マウンテンプルオーバーのサイズ感】Supreme×The North Face「文字ノース」レビュー

【マウンテンプルオーバーのサイズ感】Supreme×The North Face「文字ノース」レビュー

SupremeThe North Face(ザ・ノース・フェイス)

毎シーズンコラボしている両者ですが、ヌプシやバルトロをはじめ、マウンテンパーカーやデナリなど、様々なモデルからアイテムを展開しており、モデル毎でサイズ感も異なるため、毎回サイズ選びに困ってしまいます。

そこで今回は、2015FWに発売されたMountain Pullover(マウンテンプルオーバー)、通称「文字ノース」サイズ感をレビューしていきたいと思います。

是非今後の参考にしてみてください。

 

Advertisement

 

 

マウンテンプルオーバーの概要

引用:https://www.supremenewyork.com/news/610/

ブランド:Supreme®×The North Face®

名称:Mountain Pullover

コレクション:2015AW

発売日:2015年11月21日

カラー展開:イエロー・ブラック・レッド

材質:ナイロン100%

定価:税込38,880円

黒人公民権運動活動家であるマルコムXの有名な言葉「By Any Means Necessary」が全面にデザインされています。

日本語訳で「何としてでも」「如何なる手段を取ろうとも」という意味になり、何ともSupremeらしい攻撃的なメッセージですね。

この文字が特徴的でしたので、通称「文字ノース」と呼ばれています。

ちなみに私はオンラインで購入しました。

本当でしたらSサイズが欲しかったのですが売り切れてしまっており、Mサイズなら在庫があったのでMサイズを購入しました。

当時もオンラインは大激戦区だったのですが、今よりは購入しやすかったと思います。

 

 

実物写真

まずは実物写真から見ていきましょう。

・前方

プルオーバーなのでチャックは胸部分までしか開きません。着用する時は頭から被る形になります。

 

文字部分は刺繍ではなく、ただのプリントです。凸凹はありません。

 

・サイド

右肩には、お馴染みのSupreme×The North Faceロゴがあります。

 

・後方

フードは収納することができます。

 

 

気になるサイズ感は?

ここからは本題のサイズ感について解説していきます。

まずは着画からです。168㎝の痩せ型Mサイズを着用しています。

 

全体的にかなりオーバーサイズです。

特に着丈が長く、お尻が完全に隠れるくらいまであります。

パンツのポケットから物を取り出す時、いちいち裾を上げなければいけないので、少し使いづらいです。

一応裾には絞りが付いているのですが、カバーしきれないくらいに長いです。

また袖丈も大分長く感じました。

しかし袖口がマジックテープ方式になっており、こちらは絞ればカバーできたので、そこまで問題ではありませんでした。

しかしマジックテープを多用しすぎると、袖口のプリントが段々と薄れてきてしまうのが難点です。

右:絞り前 左:絞り後

右:絞り前 左:絞り後

最後に身幅に関してですが、余裕で厚手のパーカーやスウェットを着込める大きさがあります。

このプルオーバー自体には、ゴアテックスも付いていなく、防寒性が高いわけではないので、中に着込める余裕があったのは良かったです。

 

 

まとめ

4年以上前に購入したものですが、デザインもよく今でも頻繁に着用しています。

サイズ感に関しては、私の体型(168㎝の痩せ型)に近い方は、ジャストで着用したいならSサイズが良いと思いました。

オーバーサイズで着用したいのならMサイズがオススメできますが、大分サイズ感は大きいのでその点は頭に入れておいてください。

また、ウィンドブレーカーの厚いバージョンといった感じで、そこまで防寒性が高いわけではないので、もし真冬でも着用したいのなら、何枚か着込むためにワンサイズ上げても良いかもしません。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。