【iPad OS】BluetoothマウスとキーボードでiPadをパソコン化してみた「同時接続は可能なの?」エレコム・Anker

【iPad OS】BluetoothマウスとキーボードでiPadをパソコン化してみた「同時接続は可能なの?」エレコム・Anker
【iPad OS】BluetoothマウスとキーボードでiPadをパソコン化してみた「同時接続は可能なの?」エレコム・Anker

【iPad OS】BluetoothマウスとキーボードでiPadをパソコン化してみた「同時接続は可能なの?」エレコム・Anker

珍しくガジェットネタです。

2019年9月24日にiPad OSがリリースされました。iPad専用のOSということで、iPadを使用する上で便利な新機能が多数搭載されます。

そんな数ある新機能のうち、私が最も気になったのが「マウスが使用可能」になったということです。

今までキーボードに関しては、Bluetooth接続などで問題無く使用できていたのですが、マウスに関してはどのように設定してもできず、今回のiPad  OSでようやく使用することができるようになりました。

キーボードに加えマウスが使用できるようになったということはどう意味かと言いますと、ついにiPadをパソコン化できる時が来たということです。

今回はAmazonでも評価が高い「エレコム マウス Bluetooth M-BT12BRSV」と、合わせてキーボードの「Anker ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボード」を使用して、iPadをパソコン化していきたいと思います。

是非参考にしてみてください。

 

 

Advertisement

 

 

【導入】iPadをパソコンの代わりに

私がブログを更新する時は、主にWindowsのノートパソコンで行っています。5年以上前に購入したものですが当時の最高スペックでしたので、今でも現役バリバリに使えています。

しかしスペックが高いぶん、重量がそれなりにあり、出先でブログを更新しようとノートパソコンを持ち歩くと、重くて大変苦になっていました。

そのため軽量な持ち運び用のノートパソコンを購入しようと、インターネットや家電量販店等でいろいろ物色していたのですが、ある程度スペックや画面サイズを考慮すると、どうしても80,000円近くの出費になりそうでした。

出先のためだけに80,000円のパソコンを購入するのか踏ん切りがつかないでいたところ、偶然にもiPad OSのリリースがあったのです。

内容をみてみると、マルチタスクの強化であったり、3本指のコントロール強化であったりと、様々な新機能がありましたが、その中でも私の目に留まったのは「マウスの使用可能」でした。

もともとiPadは持っており、もしこれが本当なら、わざわざノートパソコンを持ち運ばなくても、iPadとマウスとキーボードの3つを持ち歩けば、出先でもブログが更新できると思ったわけです。

期待を込めて、早速Amazonにて人気ランキング上位のマウスエレコム マウス Bluetooth M-BT12BRSV」と、合わせてキーボードの「Anker ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボード」を購入したのでした…

 

 

マウス(エレコム Bluetooth M-BT12BRSV)

ここからは購入したマウスとキーボードを、それぞれレビューしていきたいと思います。

まずはマウスです。

開封レビュー

このマウスは、内蔵されたBluetoothのみでiPadと接続ができます。

USB端子に挿すトランシーバーが必要ないので、持ち運ぶ際にとても便利です。

見た目に関しては、税込1,000円弱でしたので高級感はありませんが、それでも最低限の機能は果たしてくれそうです。

 

iPadとの接続方法

早速ですが、iPadと接続していきたいと思います。

①マウスの電源「ON」

 

②設定アプリのBluetooth「ON」

 

③設定アプリの「アクセシビリティ」の「タッチ」を選択

 

④「AssistiveTouch」を選択

 

⑤「AssistiveTouch」を「ON」

 

⑦そのままの画面の下にある「デバイス」を選択

 

⑧「Bluetooth Optical Mouse」が検出されれば成功

 

実際の使用感は?

結論から言いますと、全く問題なく使えます

ポインタもしっかり出ますし、スクロールホイールも反応してくれて、とても便利です。

また、Bluetooth接続なので多少の遅延は覚悟していましたが、ほぼないに等しく、快適に使用できています。

しかしどうしても気になった点が3つほどあったので、そちらをご紹介します。

スクロールホイールが逆向きになる

あくまでもタッチ操作の延長線

矢印が大きい

スクロールホイールが逆方向になる

パソコンの場合ですと、スクロールホイールを上に回すと画面が上へ、下に回すと画面が下へスクロールするようになっていますが、iPadの場合は逆になります。

スクロールホイールを上に回すと画面が下へ、下に回すと画面が上へいくことになります。

 

↑パソコンの場合

↑iPadの場合

直感的に逆方向に動いてしまうので、多少の違和感があります。

設定を探してもそれっぽい項目がなかったので、システム上変更できなさそうです。

 

あくまでもタッチ操作の延長線

マウスで操作できるのは、あくまでもタッチ操作です。

例えばエクセルのセルをいくつか選択したり、文章をクリックしたまま選択することはできません。

あくまでもタッチ操作の延長線なので、クリックしたまま=手でタッチし続けている行為と同じことになります。

特に文章を打っている時に、マウスで文章をいくつか選択したい時がありますが、iPadの場合は、いつも通り選択したい範囲を黄色い四角形の角で調整することになります。

用途によっては効率が落ちるので、これに関しては少し残念です。

 

矢印が大きい

ポインタが矢印ではなく、円形状のポインタになります。

設定画面で大きさを変更できますが、上の写真が最小サイズになり、これでも少し大きく感じます。

透過しているのでクリックしたい箇所が見えないことはありませんが、やはり矢印と比較すると使いづらいです。

 

 

キーボード(Anker ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボード)

次はキーボードです。

開封レビュー

テンキー自体はほどよい凹凸で、個人的には打ちやすいと感じました。

「筐体が柔らかくて折れそう」といったレビューをよく見かけますが、個人的にはそこまで柔らかいとは感じませんでした。

普通に使用する分には、何ら問題ないと思います。

 

iPadとの接続方法

①設定アプリのBluetoothを「ON」

 

②キーボード背面にある電源スイッチを「ON」

 

③「Fn」キーと「Z」キーを同時押し

 

④設定アプリのBluetoothで「Anker A7726」が検出されていれば成功

 

実際の使用感は?

結論から言うと、こちらも問題なく使用することができます

Bluetooth接続のためか多少の遅延はありますが、私のタイピングスピードでしたら問題ありません。

しかしブラインドタッチでどんどん文字を打ちこんでいく方でしたら、多少遅延が気になるかもしれませんね。

また、俗に言うショートカットキー、例えば「Control+C」のコピーや「Control+V」のペーストは対応していません。

設定をいじればもしかしたらできるかもしれませんが、とりあえず純正の設定ですと一般的なショートカットキーは対応していないので注意してください。

 

 

【本題】iPadをパソコン化してみる

同時接続はできるのか?

結論から言うと同時接続は可能です。

完全にパソコンのように使用できます。

どちらかの通信が不安定になることもなく、今のところ問題なく使用できています。

見た目はほぼパソコンですね。

 

実際にブログを書いてみた

実際にこの記事もパソコン化したiPadで書きましたが、やはりパソコンでやるよりかは時間が掛かってしまいました。

ショートカットキーが対応していなかったり、マウスで出来ることが限られているので、どうしても時間が掛かってしまいます。

しかし、iPadとマウスとキーボードの3点を持ち歩けば、出先でも手軽にパソコンのような操作ができるのはとても便利でした。

 

 

 

まとめ

パソコン化が無事成功して、今では出先でバリバリ活躍してくれています。

マウスに関しては、あくまでもタッチ操作の延長線なので、出来ることは限られますが、それでも手で画面をタッチせずとも操作できるのはとても便利です。

キーボードに関しては、ショートカットキーが対応していないこと以外はとても満足しています。

自宅ではこのパソコン化したiPadは一切使用せず、まだまだノートパソコンのほうが断然便利ですが、他の高価なマウスやキーボード、またOSのアップデートがあれば、より便利に使用できるようになるかもしれません。

今回使用したマウス「エレコム マウス Bluetooth M-BT12BRSV」は1,000円弱、キーボード「Anker ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボード」は2,000円強で購入できるので、iPadを気軽にパソコン化したい方にはとてもオススメです。是非参考にしてみてください。

ちなみに今回は「iPad Air 2」を使用しており、iPad OSに対応する1番古いタイプですので、大半のiPadでも使用できると思います。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。