WIND AND SEA (ウィンダンシー)「ロンT」のサイズ感について【キムタク着用の大注目ブランド】

WIND AND SEA (ウィンダンシー)「ロンT」のサイズ感について【キムタク着用の大注目ブランド】
WIND AND SEA (ウィンダンシー)「ロンT」のサイズ感について【キムタク着用の大注目ブランド】

WIND AND SEA (ウィンダンシー)「ロンT」のサイズ感について【キムタク着用の大注目ブランド】

みなさんはWIND AND SEA(ウィンダンシー)というブランドをご存知でしょうか?

木村拓哉さんをはじめ、三浦翔平さんや谷まりあさんなど、名だたる芸能人が愛用しているブランドであるWIND AND SEA。最近ではTVやInstgramでもよく見かけるようになりました。

憧れの芸能人が着用しているものであればすぐに真似したくなるものですが、このWIND AND SEAは実店舗が東京・中目黒にしかなく、他ですと一部の限られたセレクトショップや公式のオンラインストアでしか取り扱いがないため、現状では実物をみて購入することが難しい状態であります。

実物を見れないとなると、1番に気になるのはサイズ感ですよね?

そこで今回は、WIND AND SEAのロンTのサイズ感について解説していきたいと思います。

WIND AND SEAにある数々のアイテムの中でもとりわけ人気があるロンT。実店舗になかなか足を運べなくオンラインで購入を検討している方は、是非参考にしてみてください。

 

WIND AND SEAのTシャツのサイズについてはこちらから

WIND AND SEA(ウィンダンシー) Tシャツのサイズ感は?【着画有】

 

Advertisement

 

 

WIND AND SEA(ウィンダンシー)とは?

デザイナー 熊谷隆志

まずは簡単にブランド紹介から。

デザイナーは熊谷隆志さんが務めます。カメラマン、スタイリスト、ディレクターと、デザイナーだけでなく様々な分野で活躍する彼ですが、2018年に初めて立ち上げたブランドが「WIND AND SEA」です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

WIND AND SEA(@windandsea_wear)がシェアした投稿

1994年頃からスタイリストとしてデビューし、同時にセレクトショップも経営してきました。その後現在にいたるまではカメラマンとしても数多くの広告や雑誌で撮影しています。

1970年生まれの今年(2020年)で50歳になる、まだまだ現役のデザイナーさんです。

 

ブランドの特徴

「作りたいものを作ること」をコンセプトに、ストリートを軸としてアイテムを展開しています。

1番の特徴は、何と言っても『グラフィックなブランドロゴ』ではないでしょうか?

 

この投稿をInstagramで見る

 

WIND AND SEA(@windandsea_wear)がシェアした投稿

どこか90年代を感じる、ノスタルジーさを漂わさせています。

 

また、オンラインをベースにアイテムを発売しているのも特徴の1つです。

あるインタビューでは

オンラインベースだからこそ、何が売れて何が売れなかったのか、購買層はどういうお客さんが多かったかなど、データベースで運営するという試みが「WIND AND SEA」

というコメントも残しています。

 

取扱店舗について

実店舗は東京・中目黒しか存在しません。

住所:東京都目黒区大橋1-6-4

電話番号:03-5708-5757

営業時間: 12:00pm – 20:00pm

休業日:水曜日・木曜日

他は一部のセレクトショップか公式のオンラインストアのみとなります。

 

 

ロンTのサイズ感(S・Mサイズ)

ここからは本題であるロンTのサイズ感について解説していきましょう!

SサイズとMサイズの違いを中心に解説していきます

 

サイズ表でサイズ感をみる

まずはサイズ表でみていきましょう!

部位 Sサイズ Mサイズ
着丈 72cm 73.5cm
身幅 52cm 56cm
袖丈 57.5cm 60cm

※着丈以外は筆者の実寸

数値だけで比較してみると、SサイズとMサイズでは身幅に大きな違いがみられます。ワンサイズ上がるだけで4cmも違いますね。

着丈に関してはそこまで数値に違いはなく、袖丈に関しては2.5cmの違いがあるようです。

 

ここでWIND AND SEAのロンTのある程度のサイズ感を把握するために、一般的なロンTの代表としてUNIQLOのロンTと比較してみます。

部位 WIND AND SEAのMサイズ UNIQLOのMサイズ
着丈 73.5cm 69cm
身幅 56cm 57cm
袖丈 60cm 53cm

身幅はUNIQLOのほうが長いですが、着丈と袖丈は圧倒的にWIND AND SEAの方が長いです。

やはりストリートを軸にしてアイテムを展開しているためか、若干ゆるいサイズ感のようです。

 

 

着画でサイズ感をみる

数値だけでは分かりにくいので、ここからは実際に着用してサイズ感をみていきましょう!

ちなみに私の体型は168cmの痩せ型です。

左:Sサイズ 右:Mサイズ

左:Sサイズ 右:Mサイズ

✔ 着丈

Sサイズはジャストか少し長いくらい、Mサイズはお尻が完全に隠れるくらいの長さがありました。

サイズ表どおり、着丈は若干長めのようです。

✔ 身幅

Sサイズはジャストでしたが、Mサイズになるとかなり大きく感じました。

しかし程よいオーバーサイズなので、不格好ではないです。

✔ 袖丈

Sサイズはジャスト、Mサイズは手が半分以上隠れる長さがありました。

サイズ表では2.5cmだけの違いでしたが、実際に着用してみるとかなり長く感じます。

✔ 袖幅

ストリートを軸にしているので、袖幅はかなり太い部類に入ると思います。

ちなみにSサイズもMサイズもそこまで変わらない気がしました。

 

✔ まとめ

私の体型(168cmの痩せ型)ですと、Sサイズはジャスト、Mサイズはオーバーサイズといったところでしょうか?

どの部位も際立って大きかったり小さかったりはないので、いわゆる日本基準のサイズ感だと思っていただいて問題ないと思います。

しかしあくまでもストリートを軸にしているので、普通のロンTよりはゆるいサイズ感です。

 

 

まとめ

私の体型(168㎝の痩せ型に近い方なら、Sサイズがジャストで着用できるサイズ、Mサイズがオーバーサイズで着用できるサイズといったところだと思います。

いわゆる日本基準のサイズですね。

ちなみにですが、試しにLサイズやXLサイズも試着したことがありますが、どちらも違和感なく着用できました。

そのためロンTに関しては、見せたいシルエットによってサイズを大きく変えても問題ないと思います。

あくまでも丁度良いオーバーサイズであればMサイズがオススメです。

 

WIND AND SEAのTシャツのサイズについてはこちらから

WIND AND SEA(ウィンダンシー) Tシャツのサイズ感は?【着画有】

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。