【ストーン・アイランド(Stone Island)とは?】Supremeとの歴代コラボアイテムまとめ

【ストーン・アイランド(Stone Island)とは?】Supremeとの歴代コラボアイテムまとめ
【ストーン・アイランド(Stone Island)とは?】Supremeとの歴代コラボアイテムまとめ

【ストーン・アイランド(Stone Island)とは?】Supremeとの歴代コラボアイテムまとめ

Supremeの2019SSで、ストーン・アイランド(Stone Island)とのコラボアイテムが発売されました。

みなさんはこのストーン・アイランドというブランドをご存知でしょうか?

今までに何度となくSupremeとコラボしてきたストーン・アイランド。

そこで今回は、このストーン・アイランドというブランドについて解説していくとともに、歴代コラボアイテムをご紹介したいと思います。

是非参考にしてみてください。

 

Advertisement

 

 

ストーン・アイランドとは?

引用:https://www.stoneisland.com/jp

ブランドの始まり

1982年、イタリアでマッシモ・オスティ氏(Massimo Osti)が創業したブランドです。

従来、衣服に使用することは考えられなかったトラックの帆に使われる防水布の加工に成功し、それらを用いて7着のジャケットを作り上げたのがブランド設立のきっかけになります。

1989年に開発された、温度によって色が変化するIce Jacket(アイスジャケット)が大ヒットし、ブランドの代表作の1つになりました。

引用:https://www.stoneisland.com/jp

↑Ice Jacket

 

ブランドの特徴

1番の特徴はガーメントダイと呼ばれる染色方法にあります。

簡単にいうと後染めという染色方法で、製品が出来上がった後に色を染めることにより、生地や縫い目が同じ色になり、独特の風味を出すことができる染色方法になります。

 

引用:https://www.stoneisland.com/jp

ガーメンダイによって染色されたアイテム

 

価格帯

Tシャツ 18,000円
パーカー 60,000円
ジャケット 100,000円~150,000円
パンツ 50,000円
キャップ 17,000円

比較的高価な部類になります。

しかし、素材や染色に絶対のこだわりのあるブランドなので、この価格帯も頷けるところではありますね。

 

 

定番アイテム

次はストーン・アイランドの定番アイテムを2つご紹介します。

ダウンジャケット

引用:https://www.stoneisland.com/jp

前述のガーメンダイという後染めによる染色方法で作られたダウンです。

軽量かつ、撥水加工(水をはじく加工)が施されているモデルもあり、ストーン・アイランドらしい機能性抜群のアイテムになります。

価格帯:95,000円~

 

スウェット

引用:https://www.stoneisland.com/jp

こちらも前述のガーメンダイという染色方法により作られたアイテムです。

軍隊の勲章からヒントを得たブランドロゴのワッペンが、左腕に刺繍されているのがポイントになります。

価格帯:40,000円~

 

 

Supremeとの歴代コラボアイテム

最後にSupremeとの歴代コラボアイテムをご紹介しましょう。

2014FW

引用:https://www.supremenewyork.com/news/572/images?image=0

 

2015SS

引用:https://www.supremenewyork.com/news/591/images?image=0

 

2016SS

引用:https://www.supremenewyork.com/news/618/images?image=0

 

2017FW

引用:https://www.supremenewyork.com/news/682/images?image=0

 

2019SS ←2019年3月16日発売

引用:https://www.supremenewyork.com/news/739/images?image=0

 

 

まとめ

個人的にストーン・アイランドは大好きなブランドで、実際に何着か購入したこともあります。

シンプルなデザインの中にも、材質や色使い、ポケットの位置などの機能性が抜群で、1つ1つがこだわりぬかれたアイテムです。

価格帯は簡単に手が出せるものではありませんが、何年も着用することができるので、品質にこだわりたい方は是非購入してみてはいかかでしょうか。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。