Supreme ジャンポール・ゴルチエ(Jean Paul Gaultier)ってどんなブランド?「コラボアイテムの定価表」

Supreme ジャンポール・ゴルチエ(Jean Paul Gaultier)ってどんなブランド?「コラボアイテムの定価表」
Supreme ジャンポール・ゴルチエ(Jean Paul Gaultier)ってどんなブランド?「コラボアイテムの定価表」

Supreme ジャンポール・ゴルチエ(Jean Paul Gaultier)ってどんなブランド?「コラボアイテムの定価表」

2019年4月13日(土)に、Supremeジャンポール・ゴルチエ(Jean Paul Gaultier)のコラボアイテムが発売されました。

ファーコートやトラッカージャケットをはじめ、全17アイテムがラインナップされています。

しかし、「ジャンポール・ゴルチエ」と聞いて、みなさんどんなブランドなのかご存知でしょうか?

日本ではあまり馴染みのないブランドですよね?

そこで今回は、この「ジャンポール・ゴルチエ」というブランドについて解説するとともに、全17アイテムの定価をまとめてみました。

是非参考にしてみてください。

 

Advertisement

 

 

ジャンポール・ゴルチエとは

概要

フランス出身のファッションデザイナーであり、また彼の持つファッションブランドの名前でもあります。

1976年に初めてレディースコレクションを発表、その後も下着ルックやボンデージファッションで話題になり、1984年にはメンズコレクションを、1997年にはオートクチュールコレクションを発表しています。

また彼は自身のブランドだけてなく、映画の衣装を手掛けたり、マドンナの舞台衣装も制作したり、最高級ブランドエルメスのレディースのデザイナーも務めていたり、と世界的にも有名な人物です。

日本ではBOØWYのメンバーがタイアップ衣装を着用したりと、アーティスト間でファンが多かったブランドになります。

 

特徴

とにかく派手で挑発的なデザインです。

モード界のEnfant Terrible=悪童と呼ばれることもあり、ときに物議を醸しながらもパリ有数のファッションブランドへと成長していきました。

「なぜ男がスカートをはけないんだ」という言葉も残しており、ユニセックスの先駆者とも言われています。

香水やサングラスが有名で、現在も数多くのファンに支持をうけているアイテムです。今回のSupremeとのコラボにも香水とサングラスが存在します。

 

価格帯

オートクチュールというだけあって、なかなか高価な部類になります。

種類 価格
コート 180,000円~
ジャケット 100,000円~
パンツ 100,000円~
シャツ 80,000円~
Tシャツ 50,000円~
香水 6,000円~
サングラス 50,000円~

 

 

コラボの定価

価格は全て税込です。

Double Breasted Plaid Faux Fur Coat

64,800円

 

Reversible Backpack MA-1

59,400円

 

Fuck Racism Trucker Jacket

42,120円

 

Fuck Racism Jean

29,120円

 

Pinstripe Double Breasted Blazer

70,200円

 

Pinstripe Cargo Suit Vest

59,400円

 

Pinstripe Cargo Suit Pant

48,6000円

 

Floral Print Hooded Sweatshirt

37,800円

 

Floral Print Sweatpant

31,320円

 

Flower Power Rayon Shirt

24,840円

 

Tee

8,640円

 

Schott Leather Holster

59,400円

 

Belt

21,600円

 

Vans Floral Print Chukka Pro

16,200円

 

Vans Floral Print Era Pro

15,200円

 

Sunglasses

49,680円

 

Le Male

12,960円

 

 

まとめ

ジャンポール・ゴルチエは歴史あるフランスのブランドであり、オートクチュールを手掛ける世界的にも有名なブランドになります。

今回のコラボアイテムの価格は、どちらかというとSupremeよりの価格帯でしたので、比較的手が出しやすいのではないでしょうか。

個人的にはレーヨン素材の半袖シャツと、Vansとのトリプルネームのスニーカーを狙いたいと思います。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。