【開封レビュー】乃木坂46 個別生写真「Sing Out!と4番目の光を購入してみた」レビュー

【開封レビュー】乃木坂46 個別生写真「Sing Out!と4番目の光を購入してみた」レビュー
【開封レビュー】乃木坂46 個別生写真「Sing Out!と4番目の光を購入してみた」レビュー

【開封レビュー】乃木坂46 個別生写真「Sing Out!と4番目の光を購入してみた」レビュー

みなさんは乃木坂46の生写真の1つに、個別生写真というものがあるのをご存知でしょうか?

会場で販売されているランダム制の生写真とは異なり、オンラインであらかじめメンバーを指定して購入するのが、個別生写真になります。

自分の好きなメンバーを選べ、さらに気軽にオンラインで購入できるので、購入してみようかと悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、2019年2月に販売された個別生写真「Sing Out!」「4番目の光」の開封レビューを行っていこうと思います。

https://twitter.com/nogizaka_goods/status/1164851655826739200

個別生写真を購入しようか悩んでいる方は、是非参考にしてみてください。

 

Advertisement

 

 

個別生写真とは?

メンバー選択制の生写真

■「Sing Out!」「滑走路」「4番目の光」■

販売期間:2019年8月23日~8月31日

値段:1パック1,050円

1パック:5枚入り

送料:一律648円

種類:メンバー選択制の全43種類

「Sing Out!」22種類

「滑走路」10種類

「4番目の光」11種類

会場等で販売される生写真はランダムで5枚入りですが、個別生写真は欲しいメンバーを選択して購入するものになっています。

1パック5枚入りでランダム要素はないので、何パック購入しても同じ5枚がでます。

また、購入する際のパック数に上限がないので、1パックでも、100パックでも購入することができます。

ちなみに販売は、乃木坂46公式オンラインストアのみになります。会場等でこの個別生写真は販売されないので、注意が必要です。

 

直筆サインが入っている可能性?

全て同じ5枚なのに、何パックも購入する必要があるようには思えませんが、ここにこの個別生写真の1番の特徴があります。

それは直筆のサイン入りの生写真が入っている可能性があるということです。

1ポーズにつき1枚だけ、メンバー直筆のサイン入り生写真が隠れており、この直筆目当てに100パック以上も購入する猛者もいます。

もちろん1パックだけ購入して直筆が入っていることもありますが、よほど運が良い方でしょう。

 

今回の衣装について

個別生写真は毎月販売されるわけではなく、ある程度予想はつきますが不定期で販売されています。

今回は23rdシングル「Sing Out!」に収録曲されている「Sing Out!」「滑走路」「4番目の光」のMVの衣装を着用している生写真になります。

 

 

 

 

 

購入したメンバーは?

私が購入したメンバーとパック数は

「Sing Out!」

齋藤飛鳥さん×1

「4番目の光」

掛橋沙耶香×10

金川紗耶×10

の3人、計21パックです。

今回は4期生の直筆狙いで、4期生の気になるメンバー2人を多めに購入し、+表題曲である「Sing Out!」のセンター、齋藤飛鳥さんを1パックだけ購入してみました。

 

 

開封レビュー

早速ですが本題の開封レビューを行っていきます。

楽曲、メンバー別でご紹介していますね。

「Sing Out!」齋藤飛鳥

 

「4番目の光」掛橋沙耶香

 

「4番目の光」金川紗耶

 

直筆サインは?

個人的に「Sing Out!」のMV衣装が物凄く好みです。

紫のロングスカートが華やかにメンバーを彩っており、どこかシンクロニシティの衣装に似ているところがあります。

「4番目の光」は夏の学生服といった感じで、初々しさがあります。

気になる直筆サイン入りの生写真ですが、残念なことに1枚も入っていませんでした。

やはり直筆を引くには相当な運とパック数が必要なのかもしれません…

 

 

まとめ

個別生写真は自分の欲しいメンバーを選択して購入できるのが良いですよね。

ランダム要素のドキドキ感はないのですが、どういたポーズが入っているのかや、直筆が入っているかどうかのワクワク感を味わえます。

今回は直筆狙いで気になっている4期生を中心に21パック(計105枚)を購入してみましたが、残念なことに直筆は1枚も入っていませんでした。

しかしどのメンバーも非常に綺麗な写りでとても満足しています。大切に保管したいと思います。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。