【Palace Skateboards】とは?「パレス東京の行き方」

【Palace Skateboards】とは?「パレス東京の行き方」

みなさんは「Palace Skateboards(パレス・スケートボード)」ブランドをご存知ですか?

一昔前は知る人ぞ知るブランドだったのですが、東京に旗艦店もでき今では有名なストリートブランドとなっています。

そこで今回はこの大人気ストリートブランド「Palace Skateboards」についてご紹介したいと思います。

 

Advertisement

 

 

概要

「Palace Skateboards」は2009年にGareth Skewis(ギャレス・スクイス)とLev Tanju(レヴ・タンジュ)が立ち上げた、イギリス発のストリートブランドです。

ストリートブランドの王様「Supreme」で取り扱われたことから、瞬く間に世界中に名前が広まりました。

最近ではコラボに力を入れており、記憶に新しいPOLO RALPH LAUREN(ポロ・ラルフ・ローレン)とのコラボや、他にもReebokやadidasといった有名スポーツブランドとも数々のコラボ商品を展開しています。

 

引用:http://fashionpost.jp/portraits/151928

右:Gareth Skewis・左:Lev Tanju

 

 

Tri-Fergについて

「Palace」と聞いて一番最初に思い浮かぶのは「三角マーク」ではないでしょうか。

この三角マークは「Tri-Ferg」と呼ばれています。

引用:https://shop-jp.palaceskateboards.com/

この「Tri-Ferg」はイギリス人であるFergus Purcell(ファーガス・パーセル)という人物にによって手がけられました。

Penrose(ペンローズ)という数学者が考案した「ペンローズの三角形」からインスピレーションをうけています。

※ペンローズの三角形→不可能性の最も純粋な形

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9A%E3%83%B3%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%81%AE%E4%B8%89%E8%A7%92%E5%BD%A2

 

 

取扱店舗

今まで「Palece Skateboards」の仕入れを行っている店舗は東京にある「ドーバーストリートマーケット銀座」のみで、旗艦店は存在しませんでした。

しかし2018年11月3日に東京・表参道に日本初の旗艦店がオープンされました。

またオンラインストアでも今までは英語表記のページから購入しなくてはならなかったのですが、日本語版のオンラインストアも完成し、より気軽に購入するできるようになりました。

 

オンラインストアのリンクはこちら↓

 

 

PALACE TOKYOの行き方(原宿駅から)

まずは所在地です。

郵便番号:150-0001

住所:東京都渋谷区神宮前5-9-20 2F&3F

 

今回はJR東日本の原宿駅からの行き方をご紹介します。

1.表参道口から出る

2.横断歩道向かいのGAPを右に曲がる

3.表参道通りをひたすら東へ向かう(この時どこかで右に渡っておくこと)

4.オリエンタルバザーと呼ばれる海外観光者向けのお土産屋さんまで歩く

5.オリエンタルバザーを過ぎてすぐ右へ曲がる

6.突き当りのTUMIまで歩く

7.TUMIの左を向くと透明の建物が見える

8.到着です(この日は2019SS立ち上げ準備のため休業日)

大通りから1本中に入った場所にあるので、最初は分かりづらいかもしれません。

 

 

まとめ

以上が大人気ストリートブランド「Palace Skateboards」のご紹介でした。

私はたまたま訪れたドーバーストリートマーケット銀座で初めてこのブランドを知りそこでどはまりし、入荷の知らせがくるたびに店舗に訪れるほどでした。

「Supreme」をはじめ数多くのストリートブランドが流行っていますが、私はこの「Palace Skateboards」が1番のお気に入りです。

価格帯もSupremeと同じくらいなので、気になった方はTシャツからでも購入してみてください。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。