【乃木坂46】「アンダーライブ2019」セトリ まとめ

【乃木坂46】「アンダーライブ2019」セトリ まとめ

今回は2019年10月10日と11日にかけて行われた「アンダーライブ2019 at 幕張メッセ」のセットリストをご紹介するとともに、セットリストの傾向を予想していきたいと思います。

 

引用:https://natalie.mu/music/news/351337

↑アンダーライブ2019の様子

 

Advertisement

 

 

 

アンダーライブ全国ツアー2019 概要

日程 会場
2019年10月10日(木) 幕張メッセ イベントホール
2019年10月11日(金) 幕張メッセ イベントホール

最近のアンダーライブの傾向としては、シングルをリリースするごとに開催しています。

今回も24thシングル「夜明けまで強がらなくてもいい」の※発売に合わせたアンダーライブと言えるでしょう。

 

また、アンダーライブはキャパ数が少ない会場で行うのが通例になっているので、時には1,000人ほどの会場で行う時もあります。

今回は幕張メッセのイベントホールということで、約8,000人ほど収容できますが、それでも5万人規模のドーム会場も埋めてしまう乃木坂46ですので、キャパ数の足りなさを実感できます。

しかし会場が小さいぶん、必然的にメンバーとファンの距離が近くなり、盛り上がりは計り知れないのがアンダーライブの特徴の1つです。

個人的には、真夏の全国ツアーよりも盛り上がっているのではないかと思っています。

 

また、アンダーライブには座長と呼ばれるシステムがあり、MCを回したり、多くの曲のセンターを務めることになります。

基本この座長は近辺にリリースされたシングル、アルバムのアンダー曲のセンターが務めることになり、今回の場合で言うと岩本蓮加さんが務めることになりました。

※2019年9月4日発売

 

セットリスト

※薄紫色→アンダー曲

 

 

セトリの傾向

なんと全てアンダー曲というセットリストでした。

アンダー曲が多くなるのは予想していたのですが、まさか全曲とは驚きです。

 

またただ披露するだけではなく、No.9「別れ際、もっと好きになる」~No.11「その女」まではメドレー形式で、No.12「自由の彼方」~No.15「ブランコ」は数人のユニット形式で、No.16「君は僕と会わない方がよかったのかな」~No.18「誰よりもそばにいたい」は座って聴くバラード形式での披露となり、深く印象に残る演出でした。

 

またクライマックスのNo.19「新しい世界」~ラストのNo.24「~Do my best~じゃ意味はない」はプロジェクションマッピングを使った派手な演出で、小さい会場だからこそできる迫力あるステージでした。

 

今回私も最終日の11日に参加させてもらいましたが、正直真夏の全国ツアー2019よりも盛り上がったのではないかと思っています。

また、座長を務めた岩本蓮加さんのポテンシャルの高さを実感し、容姿だけでなくダンスやオーラも備わっており、将来の乃木坂46のエース候補になっていくのだと思いました。

 

 

まとめ

以上が「アンダーライブ2019」のセットリストとその傾向でした。

今までもアンダーライブではアンダー曲が大半を占めていたのですが、全曲がアンダー曲なのは初めてではないでしょうか。

個人的に千秋楽である11日の公演に参加しまたが、やはりアンダーの力強さというものは凄かったです。「選抜メンバーではないから」とか否定的な気持ちではなく、アンダーという立場で這い上がろうとする彼女たちの熱い思いを間近で感じることができました。

24thのメンバーでのアンダーライブはこの幕張メッセの2公演で終わりなのかは分かりませんが、また次も行きたくなるような、そんなアンダーライブでした。

 

詳細なライブレポートはこちらから↓

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。