乃木坂46「アンダーライブ全国ツアー2018」セトリ【中部・北海道・関東シリーズ】まとめ

乃木坂46「アンダーライブ全国ツアー2018」セトリ【中部・北海道・関東シリーズ】まとめ
乃木坂46「アンダーライブ全国ツアー2018」セトリ【中部・北海道・関東シリーズ】まとめ

乃木坂46「アンダーライブ全国ツアー2018」セトリ【中部・北海道・関東シリーズ】まとめ

今回は2018年に行われた「アンダーライブ全国ツアー2018」セットリストをご紹介するとともに、セットリストの傾向を予想していきたいと思います。

 

引用:https://natalie.mu/music/news/313126

↑アンダーライブ全国ツアー2018 ~関東シリーズ~の様子

 

Advertisement

 

 

 

アンダーライブ全国ツアー2018

概要

ツアー名 日付 時間 会場
中部シリーズ






2018年5月15日 18:30 新潟県民会館 大ホール(新潟県)
2018年5月16日 18:30 本多の森ホール(石川県)
2018年5月17日 18:30 名古屋国際会議場 センチュリーホール
2018年5月18日 18:30 名古屋国際会議場 センチュリーホール
2018年5月19日 18:30 富士市文化会館 ロゼシアター 大ホール(静岡県)
2018年5月20日 13:00 富士市文化会館 ロゼシアター 大ホール(静岡県)
2018年5月20日 18:00 富士市文化会館 ロゼシアター 大ホール(静岡県)
北海道シリーズ
2018年10月2日 18:30 Zepp Sapporo
2018年10月3日 18:30 Zepp Sapporo
2018年10月4日 18:30 Zepp Sapporo
2018年10月5日 18:30 Zepp Sapporo
関東シリーズ
2018年12月19日 18:30 武蔵野の森総合スポーツプラザ メインアリーナ
2018年12月20日 18:30 武蔵野の森総合スポーツプラザ メインアリーナ

 アンダーライブはキャパ数が少ない会場で行うのが通例になっています。

関東シリーズの会場である「武蔵野の森総合スポーツプラザ メインアリーナ」こそ10,000人のキャパ数はありますが、中部シリーズの会場は多くて3,000人、少なくて1,500人ほどのキャパ数です。

キャパ数が少ないのでチケットの倍率は高くなりますが、小さい会場の分メンバーとの距離は近くなるので、一概にデメリットだけではないと思います。

 

座長とは

また、アンダーライブには座長と呼ばれるシステムがあり、その近辺にリリースされたシングルやアルバムのアンダー曲のセンターが基本的には務めます。

今回の場合で言うと中部シリーズでは鈴木絢音さん、北海道シリーズでは中田花奈さん、関東シリーズでは北野日奈子さんが務めました。

 

 

~中部シリーズ~

セットリスト

※薄紫色→アンダー曲

 

セットリストの傾向

中部シリーズでは、ちょうど20thシングル「シンクロニシティ」のリリーズ日が近かったので、そのアンダー曲である「新しい世界」からライブが始まりました。また、アンコールの1曲目でも表題曲である「シンクロニシティ」が披露されています。

 

全体的にみてアンダー曲が中心になっていることがよくわかると思います。本編の全23曲の内、14曲がアンダー曲です。その他の曲もシングルの表題曲ではなく、カップリング曲が大多数でした。

「誰かは味方」や「Rewindあの日」「行くあてのない僕たち」はアンダーライブでしか披露されない、貴重な楽曲だと思います。

 

また、千秋楽である5月20日の夜公演は、斉藤ちはるさんと相楽伊織さんが卒業発表をされていました。

 

 

~北海道シリーズ~

セットリスト

※薄紫色→アンダー曲

 

セットリストの傾向

北海道シリーズでは、ちょうど21stシングル「ジコチューで行こう!」のリリーズ日に近かったため、そのアンダー曲である「三角の空き地」や、アンコールで表題曲である「ジコチューで行こう!」が披露されました。

 

北海道シリーズは中部シリーズほどではないですが、やはりアンダー曲が大半を占めており、本編全22曲の内、10曲がアンダー曲でした。

また、シングルの表題曲は「バレッタ」「走れ!Bicycle」など、アンコールを含めると計7曲披露しており、中部シリーズでは計2曲しかなかったので、3倍以上に増えていました。

また、比較的新しい17th「インフルエンサー」や19th「いつかできるから今日できる」からカップリング曲が選ばれました。

 

 

~関東シリーズ~

セットリスト

※薄紫色→アンダー曲

 

セットリストの傾向

関東シリーズでは、ちょうど22ndシングル「帰り道は遠回りしたくなる」のリリーズ日に近かったため、そのアンダー曲である「日常」が本編ラストの曲となっていたり、アンコールの1曲目では表題曲である「帰り道は遠回りしたくなる」が披露されました。

 

こちらも中部シリーズ同様アンダー曲が大半を占めており、本編全24曲の内、16曲がアンダー曲で占めています。

それに伴い、シングルの表題曲は「制服のマネキン」「インフルエンサー」の2曲のみであり、あとはカップリング曲が占めています。ここまであからさまに表題曲が少ないのは、通常のライブとアンダーライブとの差別化を図っているからなのではないかと予想できます。

カップリング曲でる「私のために 誰かのために」や「傾斜する」「満月が消えた」「君に贈る花がない」が披露されるのは非常に貴重なのではないでしょうか。

 

ちなみに、12月20日の公演は川後陽菜さんの卒業コンサートも兼ねていたので、Wアンコールで「ハルジオンが咲く頃」を披露していました。

 

 

まとめ

アンダー曲がほとんど

ともにアンダー曲が大半を占めており、わざわざ「アンダーライブ」と謳っているだけのことはあります。

アンダー曲でも特に人気の高い「狼に口笛を」や「13日の金曜日」をはじめ「あの日 僕は咄嗟に嘘をついた」や「シークレットグラフィティー」「自惚れビーチ」などは基本、どの公演でも披露されています。

 

表題曲が少ない

また、表題曲が少ないことも特徴です。アンコールを除いた本編のみでカウントしますと、中部シリーズでは1曲、関東シリーズでは2曲のみの披露にとどまっています。

そのためアンダー曲以外ではカップリング曲が大多数を占め、「転がった鐘を鳴らせ!」や「ハウス!」がよく披露されています。

しかしカップリング曲は数が多すぎるので、ライブ毎に大幅に変更になる場合がほとんどであり、一概にこれは絶対という楽曲はなさそうです。

 

以上少しでもこれからの参考になれば幸いです。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。