【払い戻しのやり方】発券済・未発券それぞれ徹底解説します ~乃木坂46チケット編~

【払い戻しのやり方】発券済・未発券それぞれ徹底解説します ~乃木坂46チケット編~
【払い戻しのやり方】発券済・未発券それぞれ徹底解説します ~乃木坂46チケット編~

【払い戻しのやり方】発券済・未発券それぞれ徹底解説します ~乃木坂46チケット編~

今回はチケットの払い戻し方法についてまとめていきたいと思います。

残念ながら乃木坂46「真夏の全国ツアー2019」8月15日の大阪公演が台風10号の影響により中止になってしまいました。

このような場面に遭遇する機会も滅多にないと思うので、払い戻しのやり方がいまいち分からない方は、是非参考にしてみてください!(乃木坂46に限らず、全ての場合で適応されるやり方です)

真夏の全国ツアー2019〜大阪公演〜 8/15(木)公演中止に伴うチケット払い戻しのご案内

 

Advertisement

 

 

払い戻しの概要

払い戻しとは?

払い戻しとは、ある理由によりそのライブが開催できなくなったとき、プレイガイド(楽天チケットやチケットぴあ等)からチケット代を返金してくれることを言います。基本的には手数料も含め、支払った全ての金額が返金されます。

払い戻しになるときは、購入したプレイガイドから必ずメールがくるので、そのメールは手続きが完了するまで大切に保管しておいてください。

また、払い戻しはライブが中止になったときに発生するもので、「急にライブに行けなくなった」「電車に間に合わなかった」などの個人的な理由では対応出来きませんので、ご注意を。

 

払い戻しには期限がある?

払い戻しで1番注意が必要なことは期限があるということです。指定された期限を過ぎてしまうと一切返金はされないので注意してください。

乃木坂46「真夏の全国ツアー2019」8月15日の大阪公演の場合ですと、2019年8月24日(土)10:00~9月8日(日)23:30までとなっています。約2週間しかないので、早め早めに動くようにしましょう。

 

払い戻し方法は大きく分けて2種類

払い戻し方法には、大きく分けて2通りあります。

1つは既にコンビニ等でチケットを発券している場合、もう1つはまだ発券していない場合です。

大体の方は発券している場合だと思いますが、次項からは1つ1つ詳しく説明していきます。

 

 

発券済みの場合

コンビニで払い戻し

既に発券してチケットが手元にある方は、発券したコンビニにて払い戻しを行うことができます。発券したコンビニが分からない方は、チケットの左下に記載されてるのでご確認を↓

ここに記載されているコンビニ以外では一切払い戻しができないので注意が必要です。

具体的な方法は至ってシンプルで、発券したチケットを持ってコンビニのレジに行き、店員さんにチケットを渡し、「払い戻し(返金)をお願いします」と言うだけです。あとは全て店員さんがレジ機で操作をしてくれ、その場でチケット代を受け取って終了です。

 

チケットを郵送して払い戻し

発券したものの、発券したコンビニが遠方のため発券した店舗に直接行けない場合の払い戻し方法です。この場合はチケットを指定された楽天チケットの住所宛てに郵送し、銀行振込にて返金となります。今回は私自身もこの方法でしたので、詳しく説明していきたいと思います。

①必要なもの(チケット・封筒・メモ)

まずは必要なものからです。全部で3点あります。

・チケット

・封筒(私の場合は、自宅にあった長形3号の封筒を使用しました)

・メモ用紙

1番気を付けてほしいのはこのメモ用紙です。

名前・電話番号・予約番号(RT〇〇〇〇〇、チケットの半券の最下部に記載されています)・銀行名・銀行コード・支店名・支店コード・口座番号・口座種類(当座か普通か)

以上を漏れなく記入するようにしましょう。

 

②封筒にチケットとメモを封入する

中が出ないようしっかり封をしましょう。

 

③宛先を記入する

【宛先】〒158-0094 東京都世田谷区玉川二丁目21番地1号 二子玉川ライズ・オフィス6F 株式会社チケットスター(楽天チケット)「乃木坂46 大阪公演」払い戻し係

※乃木坂46「真夏の全国ツアー2019」大阪公演の場合

念のため裏側に自分の住所も記入しておくと安心です。

 

④簡易書留・宅配便・特定記録郵便で発送する

「簡易書留」「宅配便」「特定記録郵便」のいずれかで発送します。個人的には「簡易書留」か「特定記録郵便」のどちらかがおすすめです。簡単に2つの違いをまとめます↓

簡易書留 特定記録郵便
受付場所 郵便局窓口のみ 郵便局窓口のみ
追跡 あり あり
受取方法 対人 郵便ポスト
賠償制度 最大5万円 なし
料金

(長形3号の封筒を使用した場合)

392円 160円

この2つは、郵便局の窓口でしか対応できないので、郵便局に出向く必要があることはご了承ください。

不安な方は賠償制度がある「簡易書留」で、その他は「特定記録郵便」といったところでしょうか。ちなみに私は「特定記録郵便」で発送しました。「特定記録郵便」で発送すると以下のような受領証を発行してくれます↓

私自身、過去に何度も「特定記録郵便」を利用していますが、紛失等は1度もないので、余程のことがない限りは大丈夫だと思います。発送した後は、メモに記入した銀行口座に返金されるのを待つだけです。

少し面倒ですが近くに発券したコンビニがない場合はこの方法しかないので、上記のやり方を参考に発送してみてください。

 

 

未発券の場合

クレジットカード決済の方

まだ発券していないくクレジットカード決済の場合は、自動でクレジットカードへ返金されます。1番簡単で分かりやすいですね。

ただ、「せっかくだから座席を知りたい」といって発券をしないように注意して下さい。

システム上、既に発券できないようになっていると思いますが

 

コンビニ決済の方

まだ発券していないくコンビニ決済の場合は、1度発券をし、その後払い戻し手続きを行う必要があります。

コンビニで発券をして、後日期限内に再度そのコンビニにチケットをもっていき、返金となります。2度手間ですがこれしか返金方法がないので、面倒ですが行う必要があります。

またチケットの発券期限もありますので、十分に注意してください。今回の乃木坂46「真夏の全国ツアー2019」大阪公演の場合ですと、2019年8月22日(木)23:59までがチケット発券期限となっています。

具体的流れとしては、8月22日(木)までに発券し、8月24日(土)から払い戻しが開始されるので、それ以降の日に発券したコンビニに再度行き、返金となります。最低でも2日間は自分でチケットを管理しないといけないので、紛失しないよう注意するようにしてください。

 

 

まとめ

ライブの中止は悲しいですが、安全を考慮しての最良の処置なので致し方ないですよね。ライブの中止に遭遇することは滅多にないので、良い機会だったと自分に言い聞かせています。

払い戻し方法が面倒な場合の方もいるとは思いますが、しっかり手続きしておくようにしましょうね。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。