乃木坂46「おすすめ曲ランキングTOP10」バスラ・ライブの予習に

乃木坂46「おすすめ曲ランキングTOP10」バスラ・ライブの予習に
乃木坂46「おすすめ曲ランキングTOP10」バスラ・ライブの予習に

乃木坂46「おすすめ曲ランキングTOP10」バスラ・ライブの予習に

いまやトップアイドルまで上り詰めた乃木坂46

2012年のデビューシングル「ぐるぐるカーテン」から今年(2019年)で7周年を迎え、今や200曲にも迫る曲数を持っています。

引用:https://natalie.mu/music/news/85424

「バースデーライブ」、通称「バスラ」こそ全曲披露となっていますが、ここまで曲数も多いと、なかなかライブで披露できない曲がたくさんあります。

そこで今回は、曲数が増えた今だからこそ知っておいてほしい、乃木坂46のおすすめ曲ランキングTOP10をご紹介したいと思います。

 

Advertisement

 

 

失いたくないから

収録 披露回数
1stシングル
ぐるぐるカーテン
2017年 2018年
1回 2回

まずは私が大好きな名曲からです。

デビューシングルのカップリング曲ということもあり、ライブでは披露回数が少ないです。

1人の少年の恋心が描かれているのですが、ピアノの音と切ない歌詞がマッチして、とても心地よい1曲になっています。

 

 

人はなぜ走るのか?

収録 披露回数
3rdシングル
走れ!Bicycle
2017年 2018年
3回 1回

こちらも披露回数が少ないです。

メロディーは疾走感あふれるもので、メンバーが楽しそうに歌っている印象が強い、とても楽しい楽曲になっています。

 

 

僕がいかなきゃ誰が行くんだ?

収録 披露回数
9thシングル
夏のFree&Easy
2017年 2018年
8回 3回

比較的披露回数が多いですが、是非知っておいてほしい名曲です。

この曲は井上小百合さん、斉藤優里さん、桜井玲香さん、中田花奈さん、そして卒業された伊藤万理華さん、西野七瀬さん、若月佑美さんの7人で歌うユニット曲になっています。

大人気のユニット曲である「他の星から」と同じメンバーですね。

イントロのシンセサイザーサビのギターがとても綺麗で、聴き入ってしまうと思います。

 

 

何もできずにそばにいる

収録 披露回数
9thシングル
夏のFree&Easy
2017年 2018年
1回 1回

極端に披露回数が少ないこの曲は、個人的に1番の名曲だと思っています。

大切な友人を思った歌詞にイントロのピアノの音とドラムの低音が見事に重なり、感動する1曲になっています。

 

 

その先の出口

収録 披露回数
9thシングル
夏のFree&Easy
2017年 2018年
1回 1回

白石麻衣さん、秋元真夏さん、高山一実さん、松村沙友理さん、卒業された橋本奈々未さん、深川麻衣さん、大和里菜さん、松井玲奈さん、衛藤美彩さんの9人からなるユニット曲です。

メンバーからみても分かるとおり、大人メンバーから構成されたユニットで、かっこいいメロディーセクシーな振付になっています。

 

 

ボーダー

収録 披露回数
11stシングル
命は美しい
2017年 2018年
3回 1回

当時まだ研究生だった伊藤純奈さん、佐々木琴子さん、鈴木絢音さん、寺田蘭世さん、山崎怜奈さん、渡辺みり愛さんの6人によるユニット曲になります。

一足先に、研究生から正規メンバーに昇格していく同期(他の2期生)がいるなか、なかなか正規メンバーに昇格できずにいる彼女たちの複雑な気持ちを表現した1曲になっています。

乃木坂46の大事な歴史の1つが、この曲には詰まっています。

 

 

大人への近道

収録 披露回数
13thシングル
今、話したい誰かがいる
2017年 2018年
1回 1回

北野日奈子さん、寺田蘭世さん、中田花奈さん、堀未央奈さん、卒業された中元日芽香さんの5人によるユニット曲です。

センターを務める堀未央奈さんの歌声がとても綺麗で聴き入ってしまうと思います。

 

 

泣いたっていいじゃないか

収録 披露回数
18thシングル
逃げ水
2017年 2018年
14回 1回

2017年には14回も披露されたこの曲。

リリースのタイミングが真夏の全国ツアー2017と重なっていたこともあって、この年はライブを行うたびに披露されていました。

高山一実さんがセンターを務めるこの曲は、彼女の人柄が表現されているような優しいメロディーと歌詞になっています。

 

 

自由の彼方

収録 披露回数
1stアルバム
透明の色
2017年 2018年
不明 不明

申し訳ないのですが過去の披露回数はうまく集計できなかったです。

ロックナンバーとなっているこの曲は、当時のアンダーメンバーと研究生で歌われていました。

AメロBメロは優しい曲調なのですが、サビになると一気にロックテストな激しいメロディーになり、メリハリの利いた1曲になっています。

 

 

設定温度

収録 披露回数
3rdアルバム
生まれてから初めて見た夢
2017年 2018年
16回 1回

2017年には16回も披露されたこの楽曲。

なんといっても選抜・アンダー・期生関係なく乃木坂46メンバー全員で歌唱しています。

メンバー一丸となって、まだまだ乃木坂46を成長させていくんだ、という熱い決意を感じられる素晴らしい歌詞になっています。

まさに乃木坂46そのものをあらわした1曲です。

 

 

まとめ

表題曲ももちろん素晴らしいですが、カップリング曲やユニット曲もとても素晴らしいです。

個人的に一番のお気に入りは、本文中にも書きましたが「何もできずにそばにいる」です。この曲だけでも聴いてみてほしいです。

この他にも乃木坂46には名曲があちこちに潜んでますので、ライブの予習がてらに自分の中の名曲を見つけてみてはいかがでしょうか。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。