【個別スティックライトホルダー】乃木坂46 「サイズ感・使い心地を徹底レビューします!」グッズ

【個別スティックライトホルダー】乃木坂46 「サイズ感・使い心地を徹底レビューします!」グッズ
【個別スティックライトホルダー】乃木坂46 「サイズ感・使い心地を徹底レビューします!」グッズ

【個別スティックライトホルダー】乃木坂46 「サイズ感・使い心地を徹底レビューします!」グッズ

みなさんは乃木坂46のグッズのなかに個別スティックライトホルダーというグッズがあるのをご存知でしょうか?

マフラータオルと並び、乃木坂46のライブで必需品となるのがペンライトですこのペンライト2本収納できるのが個別スティックライトホルダーであり、とても便利なグッズとなります。

今回は主に真夏の全国ツアーで発売されているこの個別スティックライトホルダーのサイズ感や使い心地について徹底レビューしていきたいと思います。

是非参考にしてみてください。

 

Advertisement

 

 

個別スティックライトホルダーの概要

名称:個別スティックライトホルダー

サイズ:12.5cm×25cm

値段:2,600円(増税前)

乃木坂46公式のペンライトを2本収納出来るホルダーです。2,600円と少し値が張ります。

しかしペンライトを持ち運ぶ際そのままカバンに入れるわけにもいけないし、そういった不安要素を取り除いてくれるので費用対効果は高いと思います。

また毎ライブ発売されるものではなく、直近ですと真夏の全国ツアー2019で発売されていましたが、その前は真夏の全国ツアー2017 Finalにまで遡り、約2年間発売がなかったということになります。

もし欲しかったらとりあえず購入してみるのも手ではないでしょうか。

またデザインに関しては名前の通り個別スティックライトホルダーなので、各メンバー別で発売されています。

着用している衣装も発売毎に異なり、真夏の全国ツアー2019で発売されたものは23rd制服、真夏の全国ツアー2017 Finalで発売されたものはひと夏の長さより…、泣いたっていいじゃないか?の歌衣装でした。

左:真夏の全国ツアー2019 右:真夏の全国ツアー2017 Final

引用:https://www.nogizaka46shop.com/

 

 

実物写真

まずは実物写真から見ていきましょう。

左:真夏の全国ツアー2019 右:真夏の全国ツアー2017 Final

物凄く鮮明というわけではありませんが、綺麗にメンバーがプリントされています。

素材はファイバーっぽいものでクッション性が抜群です。これに収納しておけがペンライトにキズが付くことはないでしょう。

 

左:真夏の全国ツアー2019 右:真夏の全国ツアー2017 Final

中には簡単なポケットが付属しています。

しかしファイバー素材なのが影響しているのか滑ってすぐ下に落ちてしまうので、実質何かを収納しておくことは厳しいかと思います。

一応私は予備の乾電池を入れていますが鞄の中でよく落ちていますね。

 

左:真夏の全国ツアー2019 右:真夏の全国ツアー2017 Final

裏にはカラビナが付いていますが、真夏の全国ツアー2019のものは金属製、真夏の全国ツアー2017 Finalのものはプラスチック製と素材が異なります。

ちなみに定価は同じです。

 

左:真夏の全国ツアー2019 右:真夏の全国ツアー2017 Final

真夏の全国ツアー2017 Finalのものは両端にプラスチック製の輪っかが付いています。

これは首にかけたり肩にかけたりするためのベルトや紐を通す穴です。

しかし最新の真夏の全国ツアー2019のものではこの輪っかは廃止されています。

 

 

実際にペンライトを収納してみた

公式のペンライトはピッタリ!

公式のペンライトであればピッタリ収納することができます。

 

公式以外のペンライトは入るのか?

公式のペンライトは直径3cm×縦2cmほどの大きさなのですが、収納すると縦の長さはピッタリになります。

そのため縦が24cm以上あるペンライトはマジックテープで留める位置を緩くしないと入らないでしょう。

しかしマジックテープの位置もある程度は余裕があるので、縦が26cm以下のものであれば収納自体はできるのではないかと思います。

一方直径は大分余裕があるので、太さはそこまで気にしなくてもよさそうです。

 

 

まとめ

スティックライトホルダーはペンライトを持ち運ぶ際にとても便利で、またクッション性もあるのでペンライトをしっかり保護してくれます。

私が初めてスティックライトホルダーを購入したのが今から2年前の真夏の全国ツアー2017 Finalでした。

それまでペンライトはタオルなどにくるんで持ち運んでいたのですが、スティックライトホルダーを購入して以降、便利すぎて持ち運ぶ際は必ず使用しています。

3,000円弱と値は張りますが、費用対効果は抜群だと思うので、是非みなさんも購入してみてはいかがでしょうか。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。