【個別スティックライトホルダー】乃木坂46 グッズ「サイズ感や使い心地を徹底レビュー!」

【個別スティックライトホルダー】乃木坂46 グッズ「サイズ感や使い心地を徹底レビュー!」
【個別スティックライトホルダー】乃木坂46 グッズ「サイズ感や使い心地を徹底レビュー!」

【個別スティックライトホルダー】乃木坂46 グッズ「サイズ感や使い心地を徹底レビュー!」

みなさんは乃木坂46のグッズのなかに個別スティックライトホルダーというグッズがあるのをご存知ですか?

マフラータオルに続き、乃木坂46のライブで必需品となるのがペンライトですこのペンライト2本収納できるのがこの個別スティックライトホルダーであり、とても便利なグッズになります。

そこで今回は、主に真夏の全国ツアーで発売されている、この個別スティックライトホルダーのサイズ感や使い心地を徹底的にレビューしていきたいと思います。是非参考にしてみてください。

 

Advertisement

 

 

個別スティックライトホルダー

概要

名称:個別スティックライトホルダー

サイズ:12.5cm×25cm

値段:2,600円(増税前)

定価は2,600円と、少し値が張ります。しかしペンライトを持ち運ぶとき、そのままカバンに入れるわけにもいけないし、そういった不安要素を取り除いてくれるので、費用対効果は高いと思います。

また毎ライブ発売されるものではなく、直近ですと真夏の全国ツアー2019で発売されていましたが、その前は真夏の全国ツアー2017 Finalまで遡り、約2年間発売がなかったということになります。もし欲しかったら、とりあえず購入してみるのも手ではないでしょうか。

 

デザイン

名前の通り個別スティックライトホルダーなので、各メンバー別で発売されています。

着用している衣装も発売毎に異なり、真夏の全国ツアー2019で発売されたものは23rd制服、真夏の全国ツアー2017 Finalで発売されたものはひと夏の長さより…、泣いたっていいじゃないか?の歌衣装を着用していました。

左:真夏の全国ツアー2019 右:真夏の全国ツアー2017 Final

引用:https://www.nogizaka46shop.com/

 

 

実物写真

 

左:真夏の全国ツアー2019 右:真夏の全国ツアー2017 Final

物凄く鮮明というわけではありませんが、綺麗にプリントされています。素材はファイバーっぽいもので、クッション性が抜群です。これに収納しておけがペンライトにキズが付くことはないでしょう。

また、中に簡単なポケットが付属していますが、滑ってすぐ下に落ちてしまうので、実際に何かを収納しておくことは厳しいかもしれません。一応私は予備の乾電池を入れていますが、よく落ちます。

 

左:真夏の全国ツアー2019 右:真夏の全国ツアー2017 Final

裏にはカラビナが付いていますが、真夏の全国ツアー2019は金属製、真夏の全国ツアー2017 Finalはプラスチック製と、素材が異なります。ちなみに定価は同じです。

 

左:真夏の全国ツアー2019 右:真夏の全国ツアー2017 Final

真夏の全国ツアー2017 Finalのものは両端にプラスチック製の輪っかが付いています。これは首にかけたり、肩にかけたりするための、ベルトや紐を通す穴です。最新の真夏の全国ツアー2019では、この輪っかは廃止されています。

 

 

実際にペンライトを収納してみた

公式のペンライトはピッタリ!

公式のペンライトであればピッタリ収納できます。

 

公式以外のペンライトは入るのか?

公式のペンライトは直径3㎝×縦24㎝ほどの大きさなのですが、公式のペンライトを収納すると縦の長さはピッタリになります。そのため縦が24cm以上あるペンライトは、マジックテープで留める位置を緩くしないと入らないでしょう。ある程度余裕はあるので、縦が26cm付近までは収納できるのではないかと思います。

一方、直径は大分余裕がある感じなので、太さはそこまで気にしなくてもよさそうです。

 

 

まとめ

スティックライトホルダーはペンライトを持ち運ぶ際にとても便利で、またクッション性もあるのでペンライトをしっかり保護してくれます。

私が初めてスティックライトホルダーを購入したのが、今から2年前の真夏の全国ツアー2017 Finalでした。それまでペンライトは、タオルなどでくるんで持ち運んでいたのですが、購入して以降便利すぎて持ち運ぶ際は必ず使用しています。3,000円弱と少し高いですが、費用対効果は抜群だと思うので、次に発売された際は是非購入してみてはいかがでしょうか。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。