乃木坂46 だいたいぜんぶ展 グッズ「スツール」買ってみた! レビュー

乃木坂46 だいたいぜんぶ展 グッズ「スツール」買ってみた! レビュー
乃木坂46 だいたいぜんぶ展 グッズ「スツール」買ってみた! レビュー

乃木坂46 だいたいぜんぶ展 グッズ「スツール」買ってみた! レビュー

みなさんは、乃木坂46 Artworks「だいたいぜんぶ展には行かれましたか?

ジャケット写真やミュージックビデオ、衣装などのアートワークを、未公開のものを含め9万点以上展示されていた、ファン大必見の展覧会です。

また同時に、この展覧会限定のグッズも多数発売され、Tシャツやパーカーなどのアパレル類をはじめ、ポストカードやキーホルダー、さらには自転車までさまざまな種類がラインナップされていました。

 

今回は、このだいたいぜんぶ展のグッズの中から、それぞれの椅子(赤いスツール/青いスツール)をご紹介したいと思います。

 

Advertisement

 

 

それぞれの椅子(赤いスツール/青いスツール)

概要

商品名:それぞれの椅子

カラー:レッド・ブルー

価格:3,780円(税込)

寸法:縦40㎝×横30㎝(直径)

 

2ndアルバム「それぞれの椅子」をオマージュ

2016年5月25日に発売された、2ndアルバム「それぞれの椅子」のジャケット写真をオマージュしたスツールになります。

カラー展開もジャケット写真を再現して、レッドとブルーの2色展開となっています。

引用:http://nogizaka46.com/news/2016/04/26-1.php

 

私はこのグッズが発表されたときからずっと欲しく、つい先日の2019年4月21日に、2色とも購入してきました。

通販等は一切行っていないので、展覧会を開催している東京・六本木まで行く必要がありました。

 

配送はNG?

このスツールは、配送はできず手で持ち帰りのみということでした。

実物はこのくらいの大きさ↓

持ち帰りのみということだけあって、取っ手が付いています。

大きいといったらもちろん大きいですが、ばかでかいという訳でもないです。

 

私は電車で持ち帰ってきたのですが、そこまで苦労することなく自宅まで持ち帰ることができました。

帰ってきた時間が日曜日の20:00と、人があまりいない時間帯であったのも功を奏したかもしれません。

満員電車の中ですとさすがに迷惑になってしまうので、時間帯を絞れば問題なく電車でも持って帰ってこれると感じました。

重量に関しては2つ合わせていたとしても、成人であれば問題なく持てる重さでした。

 

 

開封レビュー

外箱

端にカラーを識別できるシールが貼ってありました。

 

 

本体

取扱説明書です。前後向きがあるようです。

 

書体が乃木坂46っぽくて、シンプルな中にもおしゃれなデザインです。

しかしデザインだけで、ホームセンターで売っている1,000円ほどのスツールと、そんなに変わりはありません。

 

 

開き方

①裏返す(裏返したほうがやりやすい)

 

②関節部分を中心に曲げる

 

③完成

 

折りたたみ方

つっかえ棒を写真奥側に引っ張れば、ロックが外れて折りたためます。

 

 

実際に使ってみて

座面は意外とふっくら

クッション部は、意外とふっくらした感じで、ゴツゴツしてはないです。

しかし元はホームセンターで1,000円ほどで売っているスツールだと思いますので、長時間使用しているとお尻が痛くなります。

 

また、高さが40cmとそれほど高くないので、成人男性であれば座ったときに両足ががっつり地に付きます。

ハイスツールとして使いたい方は、おそらく高さが圧倒的に足りないと思うので注意してください。

 

折りたたむ時にキズが付く?

折りたたむ時、ばね式のつっかえ棒を引くのですが、ばねが強すぎるため、どうやってもつっかえ棒の先端が本体をこすってしまいます。

↑こすった際にできるキズ

私の場合はスツールの状態で置いておこうと思っているので、折りたたむことはめったにないと思うのですが少し残念です。

 

 

まとめ

展覧会が始まる前からこのスツールは欲しいと思っていたので、無事購入することができて良かったです。

値段は4,000円弱と少し割高ですが、今回しか手に入らないので仕方ないと思っての出費です。

もの自体はホームセンターで1,000円ほど出せば買えるクオリティーかもしれませんが、デザインは乃木坂46っぽいので、インテリアとして大事に飾っておきたいと思います。

 

また、このスツールを購入したときの展覧会の様子も記事にしているので、時間がある方は是非↓

【乃木坂46】だいたいぜんぶ展「当日券を利用して行ってみた」レビュー

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。