乃木坂46 生写真「ヨリ・チュウ・ヒキ」とは?【レアカットや衣装についても】

乃木坂46 生写真「ヨリ・チュウ・ヒキ」とは?【レアカットや衣装についても】
乃木坂46 生写真「ヨリ・チュウ・ヒキ」とは?【レアカットや衣装についても】

乃木坂46 生写真「ヨリ・チュウ・ヒキ」とは?【レアカットや衣装についても】

みなさんは乃木坂46のグッズの1つに生写真というものがあるのをご存知ですか?握手会やライブ会場、そして公式オフィシャルウェブショップでも販売されているこの生写真。

今回はこの生写真について基本であるヨリ・チュウ・ヒキといったポーズや、少し掘り下げてレアカット着用衣装について詳しく解説していこうと思います。

 

Advertisement

 

 

生写真の概要

値段 1パック1,100円
1パック 5枚入り
種類 36名×3カット=全108種類(2019年2月18日時点)
購入制限 1度の会計で5パックまで(オンラインは制限なし)

生写真にはライブ会場握手会オンラインの3つの販売パターンが存在します。

ライブ会場や握手会では生写真を求め毎回長蛇の列ができ、何時間も待つこともざらではありません。また大人気ゆえ購入制限が設けられており、1度の会計で5パックまでしか購入することができないのです。5パック以上欲しい場合は再度列の最後尾に並ぶ必要があります。

 

生写真の実物

こちらが生写真です。様々な衣装を着用して写真になっており下帯には年月メンバー名が印字されています。

 

ヨリ・チュウ・ヒキについて

生写真にはメンバー1人につきヨリチュウヒキと呼ばれる3カットが存在します。

右から…

顔が写真いっぱいに写っているのがヨリ

腰から上が写っているのがチュウ

全身写っているのがヒキ

となります。

この3枚が揃ってコンプとなり、通常はこのコンプを目指して生写真を集めます。

 

下帯について

上の秋元真夏さんの生写真には下帯に「2017.September」と記載されているのが確認できると思います。

これは「2017年の9月に発売された」という意味です。

 

こちらの下帯には「2018.September-Ⅱ」と記載されているので「2018年の9月に発売された2種類目の生写真」というような意味になります。

 

衣装について

生写真でメンバーが着用している衣装にはそれぞれ名称が付けられています。前項に登場した2枚の生写真の場合ですと

「2017.September」は「スカイダイビング」

「2018.September-Ⅲ」は「ビビッド」

と呼ばれています。

この名称は乃木坂46公式サイトが生写真の販売を発表する際に決めています

 

楽曲衣装について

こちらの生写真の下帯にはそれぞれ「裸足でSUMMER」「帰り道は遠回りしたくなる」と記載されています。このような生写真を楽曲衣装と呼んでおり下帯には楽曲名が記載されます。

よく見れば

「この衣装Mステで着てた」

「LIVEでこの衣装見たことある」

なんて事があると思います。

楽曲衣装はとても人気で、販売されると毎回長蛇の列が出来ます。

 

その他の衣装

下帯にはそれぞれ「真夏の全国ツアー2018 宮城Ver」「生駒里奈卒業コンサート」と記載されています。こちらはライブ開催時に販売されるものでそのライブ限定のTシャツを着用しています。

衣装には他にもさまざまな種類があるので、気になる方は調べてみるのも面白いかもしれません。

 

レアカットの存在

最後にレアカットについて少し触れておきたいと思います。

生写真にはヨリ・チュウ・ヒキの3カットが存在すると言いましたが、ごく稀に例外もあります。毎年恒例の真夏の全国ツアー時に販売される通称「浴衣」の生写真にそれは存在します。

上段はヨリ・チュウ・ヒキですが、下段の2枚はそのどれにも属さないカットだと思いませんか。この2枚がいわゆるレアカットと呼ばれるものです。左から座り座りヨリと呼ばれています。

座り名前の通り座っているようなポーズ。

座りヨリ:座りのヨリバージョン。2018年から初登場したカット。

このレアカットは名前の通りなかなか出ないレアな生写真になり、座りよりも座りヨリのほうが希少性が高くなります。具体的な数字は公式には発表されていませんが、5パック(計25枚)買って座りは5枚程度、座りヨリは2~3枚程度の封入率となります。

このレアカットの存在をを知らないと「トレード」する際非常に不利になるので十分気をつけて下さい。

「トレード」の詳細や注意事項については下の記事で解説しているので是非参考にしてみてください↓

【乃木坂46】生写真「トレード 」「レート」の全て

【乃木坂46】初心者必見!「生写真トレードの注意事項」

 

まとめ

写真厨(=写真中毒の俗語)という言葉も存在するほどこの生写真収集に熱狂するファンも多数います。

みなさんもこれを機に生写真を始めてみてはいかがでしょうか。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。