乃木坂46 初心者必見!「生写真トレードの注意事項」これをみてトレードに備えよう

乃木坂46 初心者必見!「生写真トレードの注意事項」これをみてトレードに備えよう
乃木坂46 初心者必見!「生写真トレードの注意事項」これをみてトレードに備えよう

乃木坂46 初心者必見!「生写真トレードの注意事項」これをみてトレードに備えよう

みなさんは乃木坂46生写真をご存知でしょうか?

今回は、この生写真を集めるうえでかかせないトレードの注意事項を5つご紹介したいと思います。

「生写真買ってみようかな」「でもトレードが不安だな」という人は、是非最後まで読んでみてください。

 

■注意事項 5箇条■

1.レートについて知識を持っておく

2.3期生は大切に

3.ブルーシートを敷いている人とのトレードは避ける

4.全国握手券とのトレードは避ける

5.言葉遣いを丁寧に

 

Advertisement

 

 

レートについて知識を持っておく

「レート」とは簡単に言ってしまえば人気順のことです。

グループである以上、メンバー間で人気の差が出てきてしまうのは致し方ないことだと思っています。

人気のメンバーほどそのメンバーを集めている人が多くなるわけであり、「レート」が高くなるという表現をします。

もちろん「レート」を知っていなくても、トレードを行うことは可能です。

しかし少しでも知っておけば、色んなメンバーの生写真を集めることができるので、頭に入れておくことをオススメします。

 

各メンバーの「レート」のについては時期によりかなり変動しますので、「これが正しい」とは一概には言えませんが

齋藤飛鳥さん

与田祐希さん

賀喜遥香さん

山下美月さん

白石麻衣さん

は「レート」が飛びぬけて高いので、大事にトレードしたほうがよいです。

 

※「レート」について、もっと詳しく知りたいという人はこちらまで↓

【乃木坂46】生写真「トレード 」「レート」の全て

 

 

3期生・4期生は大切に

3期生・4期生の「レート」は異常なほど高いです。

なぜ3期生・4期生の「レート」がこれほどまでに高いかというと、さまざまな要素があるとは思いますが

 

フルコンプを目指している人が大勢いる

 

ことが大半を占めていると私は考えています。

 

少し詳しく説明したいと思います。

生写真を常にやっている人なら共感できると思うのですが、集めているメンバーの生写真は全種類集めたい(=フルコンプ)と思うものです。

生写真が初めて販売されたのが、1期生メンバーは2012年、2期生メンバーは2013年と、5年以上前の話になります。

今から5年前に販売された生写真を全て集めるのはとても至難の業であり、多くの時間を要します。

 

しかし、3期生や4期生は違います。

3期生メンバーの生写真が初めて販売されたのが2017年1月と約2年前。

4期生メンバーに関してはまだ1年も経過していないので、今からでも十分フルコンプが狙えます。

そのため、3期生・4期生の需要が高まり、このような「レート」の高さを生み出していると考えています。

 

簡単にまとめると3期生・4期生の「レート」をしっかり理解して、トレードに使用してくださいということです。

 

 

ブルーシートを敷いている人とのトレードは避ける

生写真が販売された会場は、トレードを行うために卸市場のような人だかりができます。

中には、このようにブルーシートを敷いて、その上に生写真を並べている人が多数います。

もちろん生写真が大好きで色んな人とトレードをしたいからブルーシートを敷いている人もいますが、ブルーシートを敷いている人達のほとんどは転売目的の人です。

非常に残念ですが、彼らはお金儲けのために生写真をやっているわけであり、前述した「レート」を無視した一方的なトレードを要求してきます。

なるべくブルーシートを敷いている人とのトレードは避けるようにしましょう。

 

●生写真を収納しているファイルを持たず、写真をそのまま何十枚も持っている人

●「何が交換に出せますか?」と、自分の欲しいメンバーを言わない人

生写真売り場の近くで、「どのメンバーがでましたか?」と聞いてくる人

 

また、上記に当てはまる人も転売目的の人か、「レート」を無視してトレードしようとしてくる人なので、十分注意するようにしてください。

改めて言いますが、ブルーシートを敷いている人の中には、純粋に生写真を楽しんでいる人もいます。

見極める力を身につけて下さい。

 

 

全国握手券との交換は避ける

「全国握手券と交換可」とブルーシートの前に書いている人がいます。

「全国握手券1枚で、推しの生写真1枚と交換できるならいいや」と絶対に思わないでください。

 

お金の話で汚いと思うかもしれませんが、全国握手券は1枚1,000円以上で取引されています。

一方、単純計算ですが、生写真は1枚200円ほどです。(1パック1,100円÷5枚入り=220円)

もちろんメンバーによって上下はありますが、だいたいの場合損していることは明らかです。

 

また、全国握手券を求めているのは、転売目的の人がほとんどなのです。

全国握手券はメンバーと握手したり、ポスターと交換したりするものです。

正しい使い方をしましょう。

もしどうしても生写真が欲しい場合は、後日フリマアプリやアイドルショップで購入するのがよいと思います。

 

 

言葉遣いを丁寧に

トレードは対人のやり取りですので、お互い気持ちの良い話し方で行いたいですよね。

ファン同士で意識し合い、楽しいトレードにしていきましょう。

 

 

まとめ

いろいろ書かせていただきましたが、生写真は楽しいものです。

ここに書かれていることを頭に入れ、知らない人がいたら教えてあげることまでできたら、凄い素敵な事だと思いませんか。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。