【レート解説】乃木坂46-生写真「デコ襟編」

【レート解説】乃木坂46-生写真「デコ襟編」
【レート解説】乃木坂46-生写真「デコ襟編」

【レート解説】乃木坂46-生写真「デコ襟編」

2019年9月8日(日)にAichi Sky Expoで開催された、23rdシングル『Sing Out!』の全国握手会。

そこで販売された「デコ襟」のレート解説記事になります。

引用:http://www.nogizaka46.com/news/2019/09/23rdsing-out-aichi-sky-expo-2.php

主にフリマサイトの相場価格から考察したレートですので、現地と多少の誤差があることはご了承ください。

それではみていきましょう!

 

Advertisement

 

 

レート表

 

レート解説

今回のレートトップは齋藤飛鳥さんでした。しかし最近は、齋藤飛鳥と与田祐希さんは交互にトップになっているので、実質同レートとみて大丈夫だと思います。

また、今回は金川紗耶さんが第3位になっていました。

現地にいた方なら分かると思いますが、金川さんを無限回収している方がいたそうで、その分外への出回りが少なくなり、このような結果(相場価格が上昇した)になったと考えられます。

続いて白石麻衣さん、遠藤さくらさん、掛橋沙耶香さんと続いていきます。この3人は会場によって頻繁に上下しており、この3人も実質同レートとみて大丈夫だと思います。

他に気になった点としては岩本蓮加さんです。相場価格でみると今までは1,000円前後だったのですが、今回は1,500円越えと明らかに上がってきています。

新シングルのアンダー曲のセンターに抜擢されたりと、真夏の全国ツアーの途中から急激に人気が上昇してきているので、今後トレードする際は要チェックです!

 

グループ割

●同ランクの場合は基本1:1のトレード

●ランクが1つ異なる場合は基本+0.5足す (例)白石1枚⇔岩本1.5枚 ※もちろん実際には0.5枚は存在しない

●ランクが2つ以上異なるトレードは、基本行わないほうが賢明

 

まとめ

真夏の全国ツアー中は4期生をはじめ、会場ごとに上下が激しくトレードが難しかったのですが、真夏の全国ツアーが終わった現在はある程度固まってきている感はあります。

しかし今回の全握で23rdシングル「Sing Out!」の活動が区切りになり、次からは24thシングル「夜明けまで強がらなくてもいい」の活動になります。

24thでは新たに4期生の3人が選抜入りしていたり、アンダーのセンターに岩本蓮加さんが抜擢されていたりと、これからもまだまだレートに大きな変化がでてきそうな気がするので、今後も目が離せませんね!

 

最新レートは以下の記事で随時更新しています

【2020年5月更新】乃木坂46-生写真 最新レート表 まとめ

 

 

生写真をやる上で欠かせないのは『スリーブ』と『ファイル』

生写真をやる上で欠かせないのが、『スリーブ』と『ファイル』です。

 

生写真は性質上、指紋やほこりが付きやすく、そのままの状態で持っていると、すぐに汚れてしまいます

せっかく当てたメンバーの生写真を、そんなすぐには汚したくないですよね?

そこで登場するのが『スリーブ』です。生写真をスリーブに入れることで汚れを完全に防ぐことができ、綺麗な状態で生写真を保管しておくことができます。

以下の記事では、私自身も愛用しているおすすめスリーブを紹介しています。色々試した結果導きだしたスリーブですので、是非参考にしてみてくだい。

» 私が愛用する乃木坂46生写真のおすすめスリーブ 【でらなんなん・お宝市場】

 

また、『スリーブ』と同じくらいに必需品なのが『ファイル』です。

トレードする時はもちろん、自宅で保管する時なんかも、『ファイル』があればかなり重宝します。

以下の記事では、私自身も愛用しているおすすめファイルを紹介しています。『ファイル』だけではなく、様々な用途に役立つ『ハガキケース』も紹介しているので、要必見です。

» 生写真歴6年の私が愛用しているおすすめファイル【ナカバヤシ・100均・ハガキケース】

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。