乃木坂46「見切れ席」「ステージバック席」ってどんな席? 感想など

乃木坂46「見切れ席」「ステージバック席」ってどんな席? 感想など
乃木坂46「見切れ席」「ステージバック席」ってどんな席? 感想など

乃木坂46「見切れ席」「ステージバック席」ってどんな席? 感想など

乃木坂46のライブには、「見切れ席」「ステージバック席」という席種が存在します。

しかし、ライブに行き慣れていない人にとっては、どういった座席なのか名前だけではイマイチ分からないですよね。

今回はこの見切れ席」「ステージバック席」について紹介したいと思います。

 

Advertisement

 

 

「見切れ席」「ステージバック席」の歴史

「見切れ席」「ステージバック席」が乃木坂46のライブで一番最初に登場したのが、5th YEAR BIRTHDAY LIVE(2017年2月20日~22日)のときでした。

 

引用:https://www.barks.jp/news/?id=1000138562

 

その時の公式アナウンスがこちら↓

乃木坂46 5th YEAR BIRTHDAY LIVE 見切れ席、ステージバック席発売決定!

 

当初はどういった座席なのか分からず、ファン同士がさまざまな予想を立てていたと思います。

これを機にバスラをはじめ、東京ドーム公演や真夏の全国ツアーでも「見切れ席」「ステージバック席」が採用されるようになりました。

 

 

「見切れ席」「ステージバック席」の詳細

値段

見切れ席:8,000円

ステージバック席:5,600円

※参考 一般席:9,800円

特殊な席種のため、一般席より2000~4000円ほど安い設定になっています。

 

公式の注意事項には●●●と書かれている

公式サイトが注意事項としてだしている、それぞれの座席の説明を抜粋します。

■見切れ席■

ステージ演出の一部、メンバー、またはステージが見えにくい席となります。

■ステージバック席■

ステージ裏の席となります。メンバーやステージ演出はご覧いただくことができません
音が聞き取りにくい、機材音が気になる可能性がございます。

引用:http://www.nogizaka46.com/news/2019/01/46-7th-year-birthday-live-2.php

 

「見切れ席」と「ステージバック席」で決定的な違いがありますね。

見切れ席→見える

ステージバック席→見えない

公式ではそう説明されています。

実際はどうなのでしょうか?

 

 

実際の「見切れ」「ステージバック席」の位置

気になる実際の座席の位置を、6th YEAR BIRTH DAY LIVEの明治神宮野球場の場合でご説明します。

引用:https://natalie.mu/music

黄色枠→「見切れ席」

青枠→「ステージバック席」

※赤点線はメインステージの延長線上を示しています。

 

見切れ席

ギリギリメインステージが見えるといったところでしょうか。

しかしメインステージ上部のモニターは確実に見えないです。

 

ステージバック席

公式の注意事項で記載されてた通り、完全にステージの裏側でメインステージを見ることは不可能です。

しかし下の写真のように、サブステージはがっつり見ることができます。

私も過去に何度と「ステージバック席」を経験してきましたが、サブステージまで見えなかったことは一度もありません。

また、公演中にメンバーがわざわざ「ステージバック席」付近まで来てくれることがあるので、決して悪い席ではないのです。

しかし「ステージバック席」にも位置が関係してくること、サブステージがない可能性もあるということ(滅多にないと思いますが)、実際に見ることができるのは公演時間を考えるとほんの一部だとということ、は頭に入れておくようにしましょう。

 

 

7thバスラでの位置予想

引用:http://www.kyoceradome-osaka.jp/

こんな感じでしょうか。

「ステージバック席」の位置がどこまで開放されるかは分かりませんが、現在の人気を考えるとステージの真後ろまで行く可能性もあります。

公式サイトには書かれていませんが、「ステージバック席」には小型~大型のモニターが設置されるので、真後ろでも最悪画面越しには演出を見ることができるので安心して下さい。

 

 

まとめ

私自身「見切れ席」「ステージバック席」ともに経験したことがありますが、悪いイメージはなくどちらも最高にライブを楽しむことができた思い出があります。

見切れ席」→ただ座席位置が良くなかったなくらいの感覚

「ステージバック席」→高貴なライブビューイング

といったところでしょうか。

とにかくどちらも「現地にいる」という高揚感を味わえることに変わりはありません。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。