【乃木坂46】「真夏の全国ツアー2017」セットリスト まとめ

【乃木坂46】「真夏の全国ツアー2017」セットリスト まとめ

こんばんは。

2019年も毎年恒例の乃木坂46「真夏の全国ツアー」が開催されます。

5月29日には23枚目シングル「Sing Out!」の発売も予定されており、どんなセットリストになるかますます気になるところです。

今回は2017年の真夏の全国ツアーのセットリストを紹介するとともに、セットリストの傾向を予想していきたいと思います。

 

Advertisement

 

 

真夏の全国ツアー2017 概要

この年の真夏の全国ツアーは明治神宮野球場から始まりましたが、この公演のみ期生ごとに分かれての特別な演出でしたので、今回は省いていきます。

明治神宮野球場を除くと全4会場12公演で開催されました。宮城と新潟公演は今では珍しい昼夜の2部制で行われていました。

 

公演 日程 会場
宮城 2017年8月11日(金) ゼビオアリーナ仙台
2017年8月12日(土)昼夜 ゼビオアリーナ仙台
2017年8月13日(日) ゼビオアリーナ仙台
大阪 2017年8月16日(水) 大阪城ホール
2017年8月17日(木) 大阪城ホール
2017年8月18日(金) 大阪城ホール
愛知 2017年8月22日(火) 日本ガイシホール
2017年8月23日(水) 日本ガイシホール
新潟 2017年10月8日(日) 朱鷺メッセ
2017年10月9日(月)昼夜 朱鷺メッセ

 

引用:https://realsound.jp/2017/08/post-97781.html

 

 

宮城公演

※薄紫色→NOGIZAKA THEATER(後述)

※薄水色→日替わり曲(後述)

 

 

大阪公演

※薄紫色→NOGIZAKA THEATER(後述)

※薄水色→日替わり曲(後述)

 

 

愛知公演

※薄紫色→NOGIZAKA THEATER(後述)

※薄水色→日替わり曲(後述)

 

 

新潟公演

※薄紫色→NOGIZAKA THEATER(後述)

※薄水色→日替わり曲(後述)

 

 

セトリの傾向

ツアー中の8月9日に18thシングル「逃げ水」の発売、また2ヵ月前の5月24日には3rdアルバム「生まれてから初めて見た夢」が発売されていたため、この2つのディスクの収録曲が主体となるセットリストでした。

またツアー終盤の10月には映画「あさひなぐ」の公開が控えていたため、薙刀を披露するコーナーもありました。

 

またツアー内に「NOGIZAKA THEATER」なる企画があり、その名の通りシアター形式で座ってじっくり観る演出となっており、既存曲にアレンジを加えて披露していました。

この演出は毎回同じで、披露する楽曲も全て同じでした。少し残念でしたね。

 

他に薄水色の部分は毎回セットリストが変わる部分で、3rdアルバム「生まれてから初めて見た夢」からユニット曲を披露するパートになっていました。

 

また毎年の真夏の全国ツアーに共通して言えることですが、真夏と謳っているだけあって夏曲が多めになっており、「ガールズルール」や「夏のFree&Easy」「裸足でSummer」は毎公演披露されていました。

 

 

まとめ

以上が2017年の真夏の全国ツアーのセットリストとその傾向でした。

過去の夏曲も多かったのですが、全体的にみるとやはり直近に発売されたシングル・アルバムが主体になっているセットリストでした。

また2017年は「NOGIZAKA THEATER」、2018年は「ジコチュープロデュース」といった真夏の全国ツアーオリジナルの企画があるのも印象的でした。

 

2019年はどのような企画がくるのか、また4月17日発売の4thアルバム「今が思い出になるまで」、夏ソングではないですが5月29日発売の23rdシングル「Sing Out!」の2つがセットリストの中心になってくるのか。今から非常に楽しみです。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。