乃木坂46「真夏の全国ツアー2019」の座席表を大予想

乃木坂46「真夏の全国ツアー2019」の座席表を大予想
乃木坂46「真夏の全国ツアー2019」の座席表を大予想

乃木坂46「真夏の全国ツアー2019」の座席表を大予想

乃木坂46「真夏の全国ツアー2019」まで、あと1週間と迫ってきました。

今回は過去の真夏の全国ツアーの座席表から、「真夏の全国ツアー2019」の座席表を大予想していきたいと思います。

ツアー初日である愛知公演、ナゴヤドームの発券も開始され、ますます気になる自分の座席位置。

是非参考にしてみてください。

 

Advertisement

 

 

真夏の全国ツアー2019の概要

 

日程 会場 所在地
2019年7月3日(水) ナゴヤドーム 愛知県
2019年7月4日(木) ナゴヤドーム 愛知県
2019年7月20日(土) 福岡ヤフオク!ドーム 福岡県
2019年7月21日(日) 福岡ヤフオク!ドーム 福岡県
2019年8月14日(水) 京セラドーム大阪 大阪府
2019年8月15日(木) 京セラドーム大阪 大阪府
2019年8月30日(金) 明治神宮野球場 東京都
2019年8月31日(土) 明治神宮野球場 東京都
2019年9月1日(日) 明治神宮野球場 東京都

会場は全て5万人規模のドームで行われます。

昨年の真夏の全国ツアー2018でも、会場はドームであったりスタジアムであったりしたので、2年連続でこの規模のツアーが開催できるのは、凄いことではないのでしょうか。

 

 

真夏の全国ツアー2018の場合

 

会場
福岡ヤフオク!ドーム ヤンマースタジアム長居
ナゴヤドーム ひとめぼれスタジアム宮城

 

 

真夏の全国ツアー2018は、メインステージから順にA~Fまでの6列で、最大16コのブロックに分かれていました。

会場がスタジアムの場合は、これよりも多くのブロックが存在したような気もします。

 

 

真夏の全国ツアー2017の場合

 

会場
明治神宮野球場 ゼビオアリーナ仙台
大阪城ホール 日本ガイシホール
朱鷺メッセ

 

 

真夏の全国ツアー2017は、メインステージから順にA~Hまでの8列で、最大21コのブロックに分かれていました。

真夏の全国ツアー2018より1つ1つのブロックが狭かったので、ブロック数が多くあったようです。

またこの年は、野球場だったりアリーナだったりオールスタンディングの展示場だったりと、会場の形状が開催場所によって大きく異なっていました。

 

 

真夏の全国ツアー2016の場合

 

会場
静岡エコパアリーナ 大阪城ホール
日本ガイシホール ゼビオアリーナ仙台
福岡国際センター 明治神宮野球場

 

 

真夏の全国ツアー2016は、メインステージから順にA~Eまでの5列で、最大7コのブロックに分かれていました。

こちらも真夏の全国ツアー2018より、1つ1つのブロックが大きかったため、ブロック数が少なかったようです。

またこの年は、真夏の全国ツアー2017、2018と比較してステージ構成が大きく異なっています。今では基本、花道が会場を横断するように設置されているのですが、真夏の全国ツアー2016ではメインステージの少し先までしかなかったようです。

 

まとめると?

 

ブロック
真夏の全国ツアー2018 6 16
真夏の全国ツアー2017 8 21
真夏の全国ツアー2016 5 7

 

 

今年の座席表はズバリ●●●

既に真夏の全国ツアー2019のナゴヤドームの発券が開始されており、SNSなどで見てみるとA・B・C・Dの4列と、最大で10のブロック番号が確認できました。

このことから、昨年の真夏の全国ツアー2018と似たような形になるのではないかと予想できます。

 

アリーナAの場合は例年通りメインステージの真ん前アリーナC・Dの場合は中央ステージの真ん前。確認はできていませんがアリーナE・Fあたりの場合はサブステージ付近になると思います。

 

引用:https://natalie.mu/music/news/199796

「真夏の全国ツアー2016」の様子

 

しかし演出によってはステージ構成、座席位置が大きく変更になる場合もあるので、逆に裏切られたい気持ちも少しありますね。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。