【乃木坂46】真夏の全国ツアー2019「モバイル2次先行 当選確率」

【乃木坂46】真夏の全国ツアー2019「モバイル2次先行 当選確率」

2019年6月21日は乃木坂46「真夏の全国ツアー2019」の福岡・大阪・東京公演のモバイル会員2次先行、当落結果発表日でした。

みなさん結果はどうでしたか?

今回は私の当落結果をお伝えするとともに、SNSでみなさんの当落結果をまとめてみたのでその当選確率もだしてみたい思います。

またこれ以降の先行受付の有無の予想もあわせてしていきます。

 

Advertisement

 

 

真夏の全国ツアー2019の概要

初めにこのツアーの概要を簡単にまとめておきます。

日程 会場 所在地
2019年7月3日(水) ナゴヤドーム 愛知県
2019年7月4日(木) ナゴヤドーム 愛知県
2019年7月20日(土) 福岡ヤフオク!ドーム 福岡県
2019年7月21日(日) 福岡ヤフオク!ドーム 福岡県
2019年8月14日(水) 京セラドーム大阪 大阪府
2019年8月15日(木) 京セラドーム大阪 大阪府
2019年8月30日(金) 明治神宮野球場 東京都
2019年8月31日(土) 明治神宮野球場 東京都
2019年9月1日(日) 明治神宮野球場 東京都

4都市で全9公演開催される予定です。

 

引用:https://natalie.mu/music/news/333002

「Sing Out!」発売記念ライブの様子

 

 

私の当落結果

今回私は1次先行で当選していた公演以外全て応募しました。

結果は以下の通りです。

日程 会場 当落結果
2019年8月14日(水) 京セラドーム大阪 落選
2019年8月30日(金) 明治神宮野球場 落選
2019年8月31日(土) 明治神宮野球場 落選
2019年9月1日(日) 明治神宮野球場 落選

残念ながら全て落選でした。

やはり2次先行の当選確率は極端に低いようです。明治神宮野球場で開催される東京公演ならともかく、大阪公演も外れるとはなかなか辛いところがあります。

しかし思い返してみれば、2次先行で当選したことは今までに1回もなかった気がするので、しょうがないといえばしょうがないですね。

1次先行とは違いそれだけ狭き門ということでしょう。

 

 

みなさんの当落結果・当選確率

SNSをみて感じたみなさんの当落結果・当選確率のまとめです。

日程 会場 当選確率
2019年7月20日(土) 福岡 ヤフオク!ドーム
2019年7月21日(日) 福岡 ヤフオク!ドーム
2019年8月14日(水) 京セラドーム大阪
2019年8月15日(木) 京セラドーム大阪 極低
2019年8月30日(金) 明治神宮野球場 極低
2019年8月31日(土) 明治神宮野球場 極低
2019年9月1日(日) 明治神宮野球場 極低

地方公演の福岡でさえも落選している人が多かったように思います。1次先行での福岡公演は当選がほとんどでしたので、急に当たらなくなってしまいました。

大阪公演の京セラドームは日程的に夏休み&お盆とちょうど被っていたため、1次先行同様当選確率は低かったです。どちらかといえば大阪公演の初日である8月14日の当選が多かった気がするのですが、だいたいの人は外れていました。

最後に東京公演の明治神宮野球場ですが、全て落選したという人が大多数を占めていました。こちらも当選した人は初日である8月30日が多い気がしましたが、ほぼ全員といっていいほどの落選祭りでした。

 

 

これからの先行受付の予想

これからの先行受付の有無が非常に気になるところではありますが、なんと愛知・福岡公演は既にプレイガイドで先行受付が開始されています。

今までモバイル会員以外の先行受付は楽天チケットのみでしたが、今回は楽天チケットではなくチケットぴあやイープラスといったプレイガイドで先行受付が行われています。

 

さてここで愛知・福岡公演は既に先行受付が始まっていますが、大阪・東京公演はどうなのでしょうか。

過去2年の真夏の全国ツアーをみてみると、2018年・2017年ともに全公演を対象で楽天チケットで先行受付が行われています。

なぜ今回は公演ごとにわけて先行受付を行っているのかは分かりませんが、必ず大阪・東京公演も先行受付はあると思います。

 

とはいってもこの2公演は人気が抜けていることを考えると、チケットぴあやイープラスで先行受付が行われるかは分かりません。

私の予想ではいつも通り楽天チケットのみで先行受付が行われるのではないでしょうか。

1万~2万人規模の会場ならまだしも、約5万人が収容できるドーム級の会場ですので、2回の先行受付だけで終わるとは考えられないこともあります。

 

また「真夏の全国ツアー2018・2017」ともに、公演の初日から1ヵ月前に楽天チケットの先行受付が開始されています。

今回に例えると愛知公演は7月3日初日で、プレイガイドでの先行受付開始が6月18日の約2週間前。福岡公演は7月20日初日で、プレイガイドでの先行受付開始が6月21日の約1ヵ月超前と、だいたい例年通りの日程になっています。

大阪公演は7月上旬、東京公演は7月中旬ごろまでに先行受付の案内がくるのではないしょうか。

 

また楽天チケットで「真夏の全国ツアー2019」の一般販売のページもできているので、楽天チケットで大阪・東京公演の一般販売が行われるのは間違いなさそうです。

 

 

まとめ

以上が「真夏の全国ツアー2019」のモバイル会員2次先行の当落結果・当選確率のまとめ、またこれ以降の先行受付の予想でした。

やはり2次先行は狭き門で、全落という残念な結果に終わってしまいました。

しかし今までも2次先行で当選したことは1回もなかったと思うので、気持ちを切り替えて次のチャンスを待ちたいと思います。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。