乃木坂46「NOGIZAKA46 Live in Shanghai 2019」セトリ まとめ

乃木坂46「NOGIZAKA46 Live in Shanghai 2019」セトリ まとめ
乃木坂46「NOGIZAKA46 Live in Shanghai 2019」セトリ まとめ

乃木坂46「NOGIZAKA46 Live in Shanghai 2019」セトリ まとめ

今回は、2019年10月25日と26日に行われた「NOGIZAKA46 Live in Shanghai 2019」セットリストをご紹介するとともに、セットリストの傾向をみていきたいと思います。

 

引用:https://natalie.mu/music/news/353075

 

Advertisement

 

 

NOGIZAKA46 Live in Shanghai 2019

概要

日程 会場
2019年10月25日(金) 上海メルセデス・ベンツアリーナ
2019年10月26日(土) 上海メルセデス・ベンツアリーナ

2日間にわたり、中国・上海市にある「メルセデス・ベンツアリーナ」で開催されています。

2018年12月1日(土)にも「NOGIZAKA46 Live in Shanghai 2018」と題し、同会場でライブを行っているので、今回で2回目となります。

乃木坂46の海外公演の歴史は2014年にまで遡り、フランス・パリで行われた「JAPAN EXPO 2014」が初になります。この時は全9曲を披露していました。

 

上海メルセデス・ベンツアリーナ

場所:中華人民共和国・上海市

最寄駅:地下鉄8号線「中華芸術宮」駅

完成日:2010年4月30日

キャパ:18,000人

もともとは、2010年に開催された上海万博の主要会場であり、開会式や閉会式が行われていました。当時は上海万博文化センターという名称でしたが、万博終了後はドイツの自動車メーカー、ダイムラーが10年契約の命名権を取得し、現在のメルセデス・ベンツアリーナに変更されています。

中国でも最大のアリーナ会場であり、過去にはジャスティン・ビーバーやテイラー・スウィフト、アヴリル・ラヴィーンなどの世界的アーティストをはじめ、ONE OK ROCKや米津玄師などの日本のアーティストも、この会場でライブを開催しています。

 

 

セットリスト

※薄紫色→24thシングル「夜明けまで強がらなくてもいい」収録曲

 

 

セットリストの傾向

最新シングルである「夜明けまで強がらなくてもいい」を中心に、シングル曲を多めに組み込んだセットリストになりました。

「夜明けまで強がらなくてもいい」からは、「僕の思い込み」や、アンダー曲である「~Do my best~じゃ意味はない」、「僕のこと、知っている?」が選ばれました。逆に4期生楽曲「図書室の君へ」やユニット曲である「路面電車の街」は披露されなかったようです。

シングル曲では、「太陽ノック」や「裸足でSUMMER」、「シンクロニシティ」、「インフルエンサー」、「制服のマネキン」、「ガールズルール」など、先日の真夏の全国ツアー2019でも毎公演披露していたシングル曲が順当にセットリストに入っています。

 

また、「無表情」や「せっかちなかたつむり」、「言霊砲」といったユニット曲が披露されていたのが少しレアだなと思いました。

 

また、本編最後の楽曲は「夜明けまで強がらなくてもいい」ではなく、「Sing Out!」だったようで、真夏の全国ツアー2019の延長線といったセットリストだったのではないでしょうか。

 

 

まとめ

2018年に引き続き、上海で行われた単独ライブでした。

真夏の全国ツアー2019にどこか似たようなセットリストでしたが、最新シングルである「夜明けまで強がらなくてもいい」の収録曲がいくつか組み込まれていたり、ユニット曲でも珍しい楽曲がセットリストに入っていたりしました。

上海は日本からも行きやすく、また会場であるメルセデス・ベンツアリーナも電車でアクセスしやすいので、初海外でもオススメできる場所だと思います。

もしかしたら来年も同会場で行われる可能性があるので、私も予定が合えば行きたいと思います。

 

詳細なライブレポートはこちらから↓

乃木坂46、上海を沸かせた初めて尽くしの新体制2DAYS公演

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。