【乃木坂46】7th ライブ バスラ DAY4「生配信」感想 レビュー

【乃木坂46】7th ライブ バスラ DAY4「生配信」感想 レビュー

2019年2月24日(日)は乃木坂46「西野七瀬卒業コンサート」の開催日でした。

引用:https://natalie.mu/music/news/321324

私自身チケットを取ることができなかったのですが、今回から新たに導入された「生配信」を使用して視聴しましたのでその参戦レポートをご紹介します。

 

Advertisement

 

 

生配信とは

まず簡単に「生配信」について説明します。

「生配信」とは簡単に言ってしまえばスマホを用いて生中継でライブを観ることができるサービスです。

携帯会社のNTTドコモが提供するサービスで「新体感ライブ」と呼称されています。

この「新体感ライブ」ですが2019年1月18日からスタートしたサービスであり、まだまだ新しいサービスとなっています。

ライセンスキーと呼ばれる暗証番号のようなものを購入することで、視聴することが出来るようになります。

 

より詳しく知りたい方は以下の記事まで↓

【乃木坂46】生配信とは?「西野七瀬卒業コンサート バスラ」過去の口コミやライセンスキーの開封レビュー

 

 

実際に利用してみて気になった点

私が実際に利用する前から気になっていた点を中心に、感想をお伝えしたいと思います。

■気になっていた点■

1.電波問題

2.どこまで中継してくれるのか

3.同アカウントで複数台のスマホで視聴できるのか

 

電波問題

まずは気になる電波問題=動画のカクカク具合です。

まず私が視聴した環境は滞在していた大阪市内のホテルの部屋で、ホテル内のWi-Fiを利用しました。

Wi–Fiの通信速度ですがアプリで測定したところ下り速度70Mbpsくらいでした。

携帯会社の4G環境の通信速度が実測50Mbpsくらいなので、普通の携帯の電波よりも少し速いといった環境ですね。(通信速度についてあまり詳しくないので間違っていたら申し訳ありません)

実際に視聴してみたところ生配信が止まる、音が聞こえなくなる等大きな問題は全くありませんでした。

画質もYouTubeでいうところの720pくらいの綺麗さで、とても快適に視聴することが出来ました。

しかし、ライブ終盤の18時30分を過ぎたあたりからところどころの場面でカクカクが気になることがありました。

それまでは全く問題なかったので、おそらく時間帯的に視聴する人(仕事終わりの人など)が増加し電波混雑が発生したと予想しています。

今回は異常なほど視聴者数が多い配信だったと思うので多少のカクカクは仕方ないとしても、十分満足できる電波状況だと思いました。

 

どこまで中継してくれるのか

卒業コンサートということもあって、ダブルアンコールやトリプルアンコールも期待できたのでどこまで配信してくれるのかとても気になるところでありました。

結果から言うと、ほぼ全て配信を行ってくれました。

1回目と2回目のアンコールまでは完全に配信してくれましたが、最後西野七瀬さんがステージに出てきてにんじん顔をやる時は途中からになってしまっていました。

最後出てくれるとは思っていなかったのか、画面が映し出されるのが少し遅かったような気がします。

 

同アカウントで複数台のスマホで視聴できるのか

これは個人的に試してみたかったことなのですが、同アカウントでログインすれば違うスマホでも視聴できるのではないかということです。

インターネットで検索しても見つからなかったので今回試してみました。

結果はこのような画面が出て視聴することはできませんでした。

当然といえば当然の結果ですね。

 

 

まとめ

今回初めて「生配信」を利用してみましたが非常に満足できるものでした。

ところどころカクカクする時がありましたが視聴が困難になるレベルでもなく、また音も一切途切れなかったので予想以上の快適具合でした。

ライブ・ビューイングも考えましたが、「生配信」を選んで良かったと思います。

これからの乃木坂46のライブでも「生配信」があれば是非利用したいです。(チケットを取れることが一番ですが)

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。