【乃木坂46】「7th YEAR BIRTHDAY LIVEのセットリスト」過去のバースデーライブから大予想

【乃木坂46】「7th YEAR BIRTHDAY LIVEのセットリスト」過去のバースデーライブから大予想

こんばんは。

「7th YEAR BIRTHDAY LIVE」の開催が決定されていますが、気になるのがどの楽曲を披露するのかということ。

いわゆるセットリストです。

 

引用:https://natalie.mu/music

「6th YEAR BIRTHDAY LIVE」の様子

 

一昨年の「5th」まではその時点での全曲披露が行われていましたが、昨年の「6th」から全曲披露が廃止となり、最新曲を始めとしシングル曲や人気曲中心のセットリストに変更されました。

理由の一つとして「6th」が開催された時点で160以上の楽曲数に達していたこと。それにより3日間というライブ日程の中ですと1日50曲以上の披露が必須となり、また会場が夏の屋外だったこともありメンバーへの負担も考慮しての変更だった気がします。

 

引用:https://natalie.mu/music

 

これらも踏まえると最新の22thシングル「帰り道は遠回りしたくなる」時点で177の楽曲数をほこる今、全曲披露を行うことは厳しいかなと思います。

今年は4日間開催の日程なのである程度余裕があるような気もしますが、最終日の24日は「西野七瀬卒業コンサート」もふまえているため、当日は西野さん希望によるセットリストもしくはセンター曲・参加曲が組まれる可能性が高く、これらの要素もあり全曲披露の可能性は低くなると考えています。

以上をふまえた上で「7th YEAR BIRTHDAY LIVE」のセットリストを過去のデータを振り返りながら考察していこうと思います。

※あくまでも全曲披露ではない場合の考察のため、その点はご了承ください。

 

Advertisement

 

 

過去の披露曲数

まずは簡単に今まで行われてきたバースデーライブの披露曲数をまとめてみます。

■1st YEAR BIRTHDAY LIVE(2013.2.22)■

1stシングル「ぐるぐるカーテン」〜5thシングル「君の名は希望」の一部

全27曲(披露数:27曲)

■2nd YEAR BIRTHDAY LIVE(2014.2.22)■

1stシングル「ぐるぐるカーテン」〜7thシングル「バレッタ」

全42曲(披露数:42曲)

■3rd YEAR BIRTHDAY LIVE(2015.2.22 1部2部制)■

1stシングル「ぐるぐるカーテン」〜11thシングル「命は美しい」の一部

1stアルバム「透明な色」

全69曲(披露数:73曲)

■4th YEAR BIRTHDAY LIVE(2016.8.28〜2016.8.30)■

1stシングル「ぐるぐるカーテン」〜15thシングル「裸足でSUMMER」

1stアルバム「透明な色」〜2ndアルバム「それぞれの椅子」

全112曲(披露数:1日目43曲 2日目39曲 3日目43曲 計125曲)

■5th YEAR BIRTHDAY LIVE(2017.2.20〜2017.2.22)■

1stシングル「ぐるぐるカーテン」〜17thシングル「インフルエンサー」

1stアルバム「透明な色」〜2ndアルバム「それぞれの椅子」

全120曲(披露数:1日目39曲 2日目47曲 3日目46曲 計132曲)

■6th YEAR BIRTHDAY LIVE(2018.7.6〜2018.7.8)■

1stシングル「ぐるぐるカーテン」〜21stシングル「ジコチューで行こう」の一部

1stアルバム「透明な色」〜3rdアルバム「生まれてから初めて見た夢」の一部

全55曲(披露数:1日目33曲 2日目33曲 3日目37曲 計103曲)

 

こう見ると4thからは1日40曲前後も披露していることが分かります。

乃木坂46のライブでは基本1楽曲フルでは披露せず、1番とラストサビのみの構成ですが、それを考慮したとしても披露楽曲数の多さには驚きです。

 

 

過去の披露回数

1st〜2ndまでは1日で全曲披露なので比較できないですが、3rd〜6thまでで日によって披露が被っている曲を洗い出してみました。

3rd ハウス!
会いたかったかもしれない
乃木坂の詩
4th おいでシャンプー
ガールズルール
夏のFree&Easy
太陽ノック
裸足でSummer
5th サヨナラの意味
気づいたら片想い
ハウス!
ロマンスのスタート
そんなバカな…
乃木坂の詩
ガールズルール
6th ぐるぐるカーテンとハルジオンが咲く頃に以外のシングル表題曲
ハウス!
ロマンスのスタート
ダンケシェーン
アンダー
風船は生きている
13日の金曜日
新しい世界
自惚れビーチ
シークレットグラフィティー
誰よりもそばにいたい
僕の衝動
三番目の風
トキトキメキメキ

太字は年をまたいで被っている曲

3rdと4thでは、楽曲の発売順毎に披露されていくセットリストでしたので、アンコールで披露した楽曲が日をまたいでそのまま被る事となりました。

6thは初の全曲披露ではないセトリでありまた真夏の全国ツアーをふまえていたので、シングル表題曲を中心にライブ定番曲の被りが多い印象でした。

これらの楽曲はおそらく今年も披露される可能性が高いと思うので、まだ聞いたことがない曲があった方は要チェックです。

 

また例年の傾向的に直前に発売されたシングルの楽曲はセットリストに組み込まれることが多いので、「帰り道は遠回りしたくなる」に収録されている曲もチェックしておくことをオススメします。

●帰り道は遠回りしたくなる

●キャラバンは眠らない

●つづく←西野七瀬さんのソロ曲のため24日に披露される可能性大

●日常

●告白の順番

●ショパンの嘘つき

●知りたいこと

引用:http://www.nogizaka46.com/smph/news/2018/10/46-22nd-4.php

 

 

まとめ

以上簡単にはなってしまいますが「7th YEAR BIRTHDAY LIVE」で披露されるセットリストも考察でした。

改めてになりますが、あくまでも全曲披露ではないことを前提にした考察ですので、その点はご了承ください。

ライブ前というのはこういったセットリストを考えたりする時間も楽しいですよね。

 

本日も最後まで読んでください、ありがとうございました。