【乃木坂46】4期生「3人のプリンシパルとは?」公演の流れ まとめ

             
  • 2019.04.08
  • 更新日 2019.10.16
  • 乃木坂46
【乃木坂46】4期生「3人のプリンシパルとは?」公演の流れ まとめ

先日乃木坂46公式サイトにて4期生のみが出演する舞台「3人のプリンシパル」の開催が発表されました。

引用:https://www.nelke.co.jp/

↑過去開催された3期生の「3人のプリンシパル」のビジュアル

昔から乃木坂46を応援している方はよくご存じであろうこの「プリンシパル」。

今回は最近乃木坂46を知った方、「プリンシパル」をあまり知らない方のために、過去行われた公演から徹底的にこの「3人のプリンシパル」を解説していこうと思います。

 

Advertisement

 

 

3人のプリンシパルとは

まずはプリンシパルの日本語訳から見てみましょう。

あるバレエ団体のトップ階級のダンサーのこと。

バレエダンサーの最高位であり、日本で有名なバレエ団体には男女合わせ8人のプリンシパルがいる。

引用:https://thetokyoballet.com/

↑日本で有名なバレエ団体の1つ、東京バレエ団の公演の様子

簡単に言うとプリンシパルとは、バレエ用語であり選ばれし者という意味です。

乃木坂46の「3人のプリンシパル」とはさまざまなオーディションを経て、3人のプリンシパルを選ぶ舞台なのです。

そしてこの3人を選ぶのは紛れもなく、その場にいる観劇している観客なのです。

 

過去に乃木坂46の1期生、2期生、そして3期生もこのプリンシパルの舞台に全員参加してきました。

2012年、2013年に1期生が、2014年にはそこに2期生も加わりこの舞台に挑んでいます。(人数も多かったため「16人のプリンシパル」と題し、16人のプリンシパルを選んでいた)

そして2年前の2017年、加入したばかりの3期生もこのプリンシパルの舞台に挑戦しています。

 

 

4期生公演の概要

ここで簡単な概要をみてみましょう。

日程 2019年4月9日~4月21日
出演者 乃木坂46 4期生(11名)
構成・演出 谷 賢一
原作 ウィリアム・シェイクスピア「ロミオとジュリエット」
会場 サンシャイン劇場(東京・池袋)
収容人数 816人
料金 6,000円

約2週間にわたり公演が行われる予定になっています。

平日は夜公演の1部制、休日は昼公演と夜公演の2部制となっています。

公演時間は途中休憩ありの2時間30分の予定となっているみたいです。

 

 

3期生公演の概要

ここで2年前に行われた3期生の「3人のプリンシパル」の概要もみてみましょう。

日程 2017年2月2日~2月12日
出演者 乃木坂46 3期生(12名)
構成・演出 徳尾 浩司
原作 銀河鉄道の夜
会場 AiiA 2.5 Theater Tokyo(東京・渋谷)
収容人数 830人
料金 4,600円

会場は異なりますが、4期生公演とほぼ同じ言って問題ないと思います。

唯一あげるとしたら、料金が1,000円強高くなったことくらいでしょうか。

 

 

公演の流れ

2年前に行われた3期生の「3人のプリンシパル」をもとに、公演の流れを説明したいと思います。

第1幕 ダンス
自己PR
エチュード
演技審査
投票
第2幕 銀河鉄道の夜
第3幕 ミニライブ

第1幕はプリンシパルになるためのオーディションということになります。

3人のプリンシパルに選ばれると第2幕の舞台、銀河鉄道の夜に出演することができます。

以降1つずつ細かく解説していきます。

 

ダンス

出演者全員で簡単な演技とダンス(ミュージカル風)を披露します。

一斉に踊るため、目の置き所に困った思い出があります。

 

自己PR

1分程度の簡単な自己PRを行います。

自己紹介と特技披露といった感じですね。

引用:http://www.nogizaka46.com/

 

エチュード

※エチュードとは…演者が台本なしに即興で演じ、話を展開していく稽古

3人の小グループに分けられ、与えられた設定をもとに演技をしていきます。

 

演技審査

第1幕オーディションの最後になります。

この演技審査が最重要と言っても過言ではないので、メンバー全員が目の色を変えて本気で挑みます。

第2幕の舞台の主演3役(銀河鉄道の夜の場合はジョバンニ・カムパネルラ・サソリの3役)から自分が演じたい役を1つ決め、冒頭の部分を演じます。

引用:http://www.nogizaka46.com/

 

投票

スマートフォンを用いて投票を行います。

3役にそれぞれ自分が演じて欲しいと思ったメンバーを投票していきます。

 

銀河鉄道の夜

選ばれた3人のプリンシパルによって舞台が演じられます。

もちろん選ばれなかったその他のメンバーは一切出演することができないのですが、これもこの公演の一部なのです。

引用:http://www.nogizaka46.com/

 

ミニライブ

Overtureから始まり、3曲を全員で披露します。

正式に公表されてはいませんが、おそらく今回もミニライブはあると思うのでペンライトは必須になると思います。

 

引用:http://www.nogizaka46.com/

 

 

ロミオとジュリエットについて

最後に今回の舞台の原作のロミオとジュリエットについて簡単にご紹介します。

 

ロミオとジュリエットは恋愛悲劇として描かれている物語です。

舞台は14世紀のイタリア。

モンタギュー家の一人息子ロミオとキャピュレット家の一人娘ジュリエットは、ロミオが忍び込んだキャピュレット家のパーティで出会い、やがて恋に落ちます。

しかしある抗争がきっかけでキャピュレット夫人の甥ティボルトをロミオが殺してしまい、ロミオは追放されてしまうのです。

悲しみにくれるジュリエットは何とかロミオと再び会うため仮死の計画を立てますが、ロミオに上手く伝わらず、ジュリエットが本当に死んでしまったと思ったロミオは、彼女のお墓の前で毒薬を飲んで自殺してしまうのです。

仮死状態から目覚めたジュリエットも後を追うようにロミオの短剣で自殺してしまう物語です。

 

世界中でも有名なこの物語は映画化、テレビドラマ化はもちろんミュージカルとしても大変有名で、乃木坂46メンバーの生田絵梨花さんもジュリエット役としてミュージカルに出演しています。

 

 

まとめ

以上が「3人のプリンシパル」の解説でした。

昨年の12月のお見立て会、そして今年の2月に行われたバースデーライブに引き続き、4期生のみでの初舞台になります。

私自身も16人のプリンシパルから始まり、3期生の3人のプリンシパルも観劇したことがありますが、日に日に成長していくメンバーを間近で見ることができる貴重な機会だと思っています。

第2幕に出演できるのは11人中3人と、残酷な現実もありますが、その悔しさを糧に次公演、またはこれからの未来に走り出してほしいと思います。

今回の4期生の「3人のプリンシパル」は都合上私は1度も観劇できないのですが、現地に行ける機会が数回あるので、また現地の雰囲気もお伝えできたらなと思います。 行けませんでした。

 

引用:https://okmusic.jp/

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。