【3・4期生ライブのセトリ】乃木坂46「国立代々木体育館」まとめ

【3・4期生ライブのセトリ】乃木坂46「国立代々木体育館」まとめ
【3・4期生ライブのセトリ】乃木坂46「国立代々木体育館」まとめ

【3・4期生ライブのセトリ】乃木坂46「国立代々木体育館」まとめ

2019年11月26日(火)と11月27日(水)の2日間、乃木坂46「3・4期生ライブ」が開催されました。

名前の通り3・4期生のみが出演したこのライブ。今や彼女らは1・2期生にも劣らない人気をもっています。

そこで今回はこの「3・4期生ライブ」セットリストをご紹介するとともに、セットリストの傾向をみていきたいと思います。

是非今後のライブの参考にしてみてください。

 

Advertisement

 

 

3・4期生ライブの概要

引用:https://natalie.mu/music/news/357252

日程 会場
2019年11月26日(火) 国立代々木競技場 第一体育館
2019年11月27日(水) 国立代々木競技場 第一体育館

名前の通り3・4期生のみの計22名(北川悠理さんは学業のため休演)で、2日間に渡り開催されました。

会場となった国立代々木競技場は遡ること2013年10月6日、「真夏の全国ツアー2013」のFinal会場にもなった場所です。

6年の時を経て、後輩である3・4期生が同じステージに立つことになりました。

 

セットリスト

 

セットリストの傾向

3・4期生の単独ライブということもあり、それぞれの持ち歌を中心としたセットリストになりました。それぞれの持ち歌(3期生楽曲は全6曲、4期生楽曲は全3曲)は全て披露されています。

また3・4期生メンバーがセンターを務める楽曲も多く披露され、大園桃子さんと与田祐希さんの「逃げ水」や遠藤さくらさんの「夜明けまで強がらなくてもいい」、梅澤美波さんの「空扉」、久保史緒里さんと山下美月さんの「不眠症」などが披露されました。

ユニット曲では「でこぴん」や「あらかじめ語られるロマンス」、「欲望のリインカーネーション」、「私のために誰かのために」が披露され、よく披露されるものから、普段なかなか披露されないものまで、幅広くセットリストに組み込まれました。

個人的な感想を言えば、ユニット曲では3期生4人による「言霊砲」が聴きたかったです。少し残念ですね。

その他はシングル曲とアンダー曲が約半数ずつ披露され、非常にバランスがとれたセットリストだったと思います。

 

まとめ

期生別での単独ライブは過去あまり例にないかつ、初の合同ライブだったので、とても新鮮なライブでした。

セットリストに関しては、大方の予想通り3期生楽曲、4期生楽曲を中心としたものでした。

他にはシングル曲やアンダー曲はもちろん、普段あまり披露されないユニット曲も組み込まれており、非常に見応えがあるセットリストだったのではないでしょうか。

最近は全体的にみても3期生がセンターを務める楽曲も増え、着実に力を付けている印象を受けます。

是非今後もこのような期生毎のライブをやってほしいですね。

詳細なライブレポートはこちらから↓

乃木坂46、圧巻の代々木競技場ライブに計2万4000人動員

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。