【アディクトのサイズ感】コンバース チャックテイラーを徹底解説します!「Converse Addict Chuck Taylor Canvas Hi 2019aw」レビュー

【アディクトのサイズ感】コンバース チャックテイラーを徹底解説します!「Converse Addict Chuck Taylor Canvas Hi 2019aw」レビュー
【アディクトのサイズ感】コンバース チャックテイラーを徹底解説します!「Converse Addict Chuck Taylor Canvas Hi 2019aw」レビュー

【アディクトのサイズ感】コンバース チャックテイラーを徹底解説します!「Converse Addict Chuck Taylor Canvas Hi 2019aw」レビュー

みなさんはコンバース(Converse)アディクト(Addict)というラインをご存知でしょうか?

Addict=「依存する、中毒」という名をもつ、コンバースの最高級ラインになり、熱狂的なスニーカーファンがこぞって手に入れようとするラインでもあります。

そのため毎回発売されると同時に売り切れてしまうことから、店舗で実物を見れることが不可能に近く、サイズ感が分かりづらいのが現状です。

「通常のコンバースと一緒なのか?」「少し小さめと聞いたけど本当?」など、電話での購入や2次販売店で購入を検討している方にとっては、サイズ感が分からず手が出しにくいかもしれません。

そこで今回は、このアディクトのサイズ感について徹底的に解説していこうと思います。

せっかくですので最新の2019awで発売された、Chuck Taylor Canvas Hi(チャックテイラー キャンバスハイ)を参考にみていきしょう。

 

Advertisement

 

 

アディクト(Addict)とは?

2008年に誕生

引用:https://converse.co.jp/addict/

2008年10月10日に、コンバースの100周年を記念して誕生したのがアディクトになります。

1960年代のチャックテイラーを再現しつつ、更に現代の日本の技術でアップデートしたラインで、春夏(SS)と秋冬(AW)の年に2回、それぞれ2~3型発売されています。

 

8つの大きな特徴

引用:https://converse.co.jp/addict/

特徴は大きく8つ存在します。

代表的なところだと、1960年代を再現した三ツ星デザインのヒールラベルだったり、クッション性に富んだE.V.A.製のインソールが採用されています。

他の6つは割愛しますが、気になる方は公式サイトで確認してみてください↓

https://converse.co.jp/addict/

 

価格帯は?

最高級ラインというだけあって、かなり高い価格帯になります。

素材などによって異なりますが、20,000円弱といったところです。一般的なコンバースのオールスターが5,000円~8,000円なので、10,000円以上高いことになります。

過去にはレザーを用いたものが定価で35,000円だったこともありました。

ちなみに今回参考にする「Chuck Taylor Canvas Hi」は、税込17,600円です。

 

取扱店舗はどこ?

通常のコンバースのスニーカーとは異なり、少数生産体制となっています。

そのため、ABCマートなどの、どこにでもあるような靴屋さんでは取り扱いされておらず、例えばBEAMS(ビームス)やUnited Arrows(ユナイテッドアローズ)などの、高感度なセレクトショップでのみ取り扱っています。

しかし「ここの店舗で絶対に販売される」という確信的な情報はなく、毎年販売前は情報戦になることが多いので、どうしても欲しい方は目ぼしいセレクトショップに問い合わせてみたり、TwitterやInstgramなどのSNSを随時チェックするようにしましょう。

 

 

実物写真

今回参考にするアディクトは、2019awで発売された「Chuck Taylor Canvas Hi」です。

カラーは、スモーキーブラック(Smoke Black)マスタード(Mustard)の2色展開でした。私は迷た挙句、2色とも購入しました。

せっかくですので、まずは簡単に実物写真から見ていきましょう。

 

スモーキーブラック(Smoke Black)

 

マスタード(Mustard)

 

 

気になるサイズ感は?

ここからは本題であるサイズ感について解説していきます。

購入したのは26.5cmと27.0cm

今回は試しに、普段のサイズと同じ26.5cm(スモーキーブラック)と、ハーフサイズ大きい27.0cm(マスタード)を購入してみました。

参考までに、普段私が購入するスニーカーのサイズは以下の表の通りです。

メーカー モデル サイズ
Nike Air Jordan1 26.5cm
Air Max 90

Air Max 95

26.5cm
Air Fomeposite One 27.0cm
Vans Old School 26.5cm
Sk8-Hi 26.5cm
Dr.Martens 3ホール UK6(25.0cm)

 

実物でみるサイズ感

27.0cm(マスタード)のほうが、足長が長く感じます。

角度によって見え方は異なりますが、一回り以上大きく見えますね。

 

実際に履いてみた!

26.5cmと27.0cmの比較をふまえ、実際に履いてみてのサイズ感を解説していきます。

・足長

26.5cmの方はつま先部分に1.5cm~2cmほど、27.0cmの方はつま先部分に2cm~2.5cmほどの余裕があります。

26.5cmの方は捨て寸として丁度いい余裕ですが、27.0cmは少し長すぎる気がします。

ハイカットなので靴紐で足首をがっちり固定すれば履けないことはありませんが、やはり少し長く感じました。

・足甲

26.5cm、27.0cmともに問題ないです。

アディクトはクッション性が高いE.V.A.製のインソールを採用しているので、厚いインソールのぶん足幅がきつくならないか不安だったのですが、全く問題なかったです。

・足幅

26.5cmの方はかなりギリギリです。

試しに26.0cmも履いてみたのですが、小指がガッツリ当たってしまい痛くて歩けませんでした。

私の場合ですと、26.5cmが最低限の大きさで、27.0cmですと少し余裕がある感じでした。

コンバースのスニーカーは全般的に足幅が狭いのですが、このアディクトも例外なく狭いと感じました。

・まとめ

とりあえず、足幅が狭いです。

普段のスニーカーのサイズで選ぶと、足長は問題ないと思いますが、足幅が狭くて小指が当たってしまうと思います。

そのため足長が長くなってしまいますが、普段のサイズより0.5cm~1cm大きいサイズをオススメします。

コンバースは紐穴も多く、ある程度大きくても靴紐で調整できるので、思い切って大きいサイズを選びましょう。

 

 

まとめ

アディクトは、普段のサイズより0.5cm~1cm大きいサイズがオススメです。

アディクトだけでなく、コンバース全般にも言えることですが、足幅が狭いと思います。

日本人には合わない縦長のシルエットなので、足幅が合うよう大きめのサイズを選ぶことをオススメします。

また店員の方も言っていたのですが、このアディクトは普段のコンバースより大きめのサイズを選ぶ方が多いそうです。

理由は様々あると思いますが、E.V.A.製のインソールがかなり厚いことと、しっかりしているため、生地が厚いことの2つが要因になっていると思います。

私はあまり気になりませんでしたが、これらを踏まえても、やはり大きめのサイズを選んでおけば間違いないのではないでしょうか。

ちなみに所持しているのは26.5cmと27.0cmですが、試しに26.0cmと27.5cmも履いたことがあります。

26.0cmは足幅がきつすぎて歩くことができず、27.5cmは足長が長すぎてしまい、歩いているとすぐに疲れてしまい購入には至りませんでした。

少しでも参考になれば幸いです。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。