【スウェットのサイズ感】WIND AND SEAを徹底解説します![SEA SWEAT SHIRT]

【スウェットのサイズ感】WIND AND SEAを徹底解説します![SEA SWEAT SHIRT]
【スウェットのサイズ感】WIND AND SEAを徹底解説します![SEA SWEAT SHIRT]

【スウェットのサイズ感】WIND AND SEAを徹底解説します![SEA SWEAT SHIRT]

みなさんはWIND AND SEA(ウィンダンシー)というブランドをご存知でしょうか?

木村拓哉さんをはじめ三浦翔平さんや谷まりあさんなど、名だたる芸能人が愛用しているブランドであり、最近ではTVやInstgramでもよく見かけるようになりました。

憧れの芸能人が着用しているものであれば「私も着たい!」と真似したくなるものですが、このWIND AND SEAは直営店が東京・中目黒にしかなく、他ですと一部の限られたセレクトショップや公式のオンラインストアでしか販売がされていなく、地方の方は実物をみて購入することが難しい状態であります。

実物を見れないとなると1番に気になるのはサイズ感ですよね?

そこで今回は、このWIND AND SEAのスウェットのサイズ感を解説していこうと思います。

実店舗になかなか足を運べなく、オンラインで購入を検討している方は、是非参考にしてみてください。

 

 

Advertisement

 

WIND AND SEAとは?

デザイナー 熊谷隆志

まずは簡単にブランド紹介からしていきます。

デザイナーは熊谷隆志さんが務めます。

カメラマン、スタイリスト、ディレクター、とファッション業界だけでなく様々な分野で活躍している彼ですが、2018年、ついに自身のブランド「WIND AND SEA」を立ち上げました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

TOMORROW!! ▶︎熊谷着用Item SEA TEE color : PINK こちらの商品は、WIND AND SEA NAKAMEGURO、公式オンラインショップにてお求め頂けます。 ※尚、通常のTシャツと生地、サイズ感が異なりますので、ご注意下さい。 詳しくは、店舗又はオンラインショップにてご確認ください。 □WIND AND SEA NAKAMEGURO 住所:東京都⽬⿊区⼤橋1-6-4坂本ビル1F TEL:03-5708-5757 営業時間:PM12:00-PM8:00 (毎週⽔、⽊曜⽇定休⽇予定) ※お⼀⼈様の購⼊制限を設けさせて頂く場合がございますのでご了承ください。 □公式オンラインショップ(https://windandsea.jp) PM12:00より販売開始 #windandsea #streetfashion #takashikumagai

WIND AND SEA(@windandsea_wear)がシェアした投稿 –

 

特徴は?

「作りたいものを作ること」をコンセプトにストリートを軸としてアイテムを展開しています。

1番の特徴としては全てのアイテムにグラフィックなブランドロゴがデザインされているところです。どこか90年代を感じるノスタルジーさを漂わさせています。

またオンラインをベースにアイテムを発売しているのも特徴の1つです。

あるインタビューで熊谷隆志さんは

オンラインベースだからこそ、何が売れて何が売れなかったのか、購買層はどういうお客さんが多かったかなど、データベースで運営するという試みが「WIND AND SEA」

というコメントも残しています。

 

取扱店舗

直営店は東京・中目黒しか存在しません。

住所:東京都目黒区大橋1-6-4

電話番号:03-5708-5757

営業時間: 12:00pm – 20:00pm

休業日:水曜日・木曜日

他には一部のセレクトショップや公式のオンラインストアで取り扱いがある状態です。

 

 

参考にするスウェットは…

ブランド:WIND AND SEA

コレクション:2019AW

名称:SEA SWEAT SHIRT

型番:WDS-19A-SW-01

展開カラー:ブルー・ホワイト・オレンジ・イエロー・ブラック

展開サイズ:S・M・L・XL

材質:コットン100%

値段:14,300円(税込)

今回参考にするスウェットは、SEA SWEAT SHIRTと言う名のスウェットです。2019年11月9日(土)に発売されました。

私はWIND AND SEAの直営店ではなく、RISTERというセレクトショップで購入しました。RISTERはWIND AND SEAを取り扱っている数少ないセレクトショップの1つで、東京・六本木にあります。

RISTER限定のWIND AND SEAのTシャツもあったりと、東京ではかなり有名なセレクトショップになると思います。

 

 

実物写真

まずはWIND AND SEAのスウェットの実物写真を見ていきましょう。

・前方

オレンジ色の「SEA」の刺繍はさりげないワンポイントで良いのですが、頑丈な作りではないです。

定価が15,000円弱と、そこまで高くはないので、この辺りは仕方ないですね。

 

・サイド

 

・後方

 

・タグ

 

・裏地

裏地は起毛でできています。

この値段でこの生地感はコスパが良いと感じますね。

 

 

気になるサイズ感は?

ここからは本題のサイズ感について解説していきます。

まずは着画からです。168㎝の痩せ型Sサイズを着用しています。

全体的には、オーバーサイズ気味になります。

特に袖丈袖幅が大きく、袖丈に関しては、腕を伸ばすと手のひらが完全に隠れる以上の長さがあります。

袖丈に関してもかなり太く、写真を見ていただければ分かると思いますが、太すぎてたるんでしまっていますね。

他に、着丈や身幅に関しても、一般的なスウェットのMサイズぐらいの大きさがあるように感じました。

私の体型(168cmの痩せ型)に近い方は、最小サイズであるSサイズでもオーバーサイズ気味になるようです。

 

 

まとめ

WIND AND SEAのスウェットは、少し大きめのサイズ感のようです。

もしかしたらスウェットの種類によっては異なるかもしれませんが、それでも日本基準よりはワンサイズ以上のサイズ感があるように感じました。

購入する際は、サイズ表の数値も参考にして選んでみてください。ちなみに今回参考にしたスウェットは、着丈71.5cm、身幅56cmになります。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。