日向坂46「こんなに好きになっちゃっていいの?」レビュー 歌詞

日向坂46「こんなに好きになっちゃっていいの?」レビュー 歌詞
日向坂46「こんなに好きになっちゃっていいの?」レビュー 歌詞

日向坂46「こんなに好きになっちゃっていいの?」レビュー 歌詞

2019年10月2日(水)に日向坂46の3rdシングル「こんなに好きになっちゃっていいの?」が発売されました。

表題曲の「こんなに好きになっちゃっていいの?」をはじめ、、日向坂46で唯一の3期生である上村ひなのさんによるソロ曲「一番好きだとみんなに言っていた小説のタイトルを思い出せない」など、全6曲の新曲が収録されています。

今回はこのシングルに収録されている全6曲の新曲を、1つ1つレビューしていきたいと思います。

 

引用:https://www.hinatazaka46.com/s/official/page/3rd_single?ima=0000

 

Advertisement

 

 

「こんなに好きになっちゃっていいの?」

概要 全6曲の新曲が収録

タイトル:こんなに好きになっちゃっていいの?

発売日:2019年10月2日(水)

特典映像:ひなたの休日

値段:初回仕様限定盤1,900円(税込)・通常盤1,100円(税込)

収録曲:全6曲「こんなに好きになっちゃっていいの?」「ホントの時間」「まさか偶然…」「一番好きだとみんなに言っていた小説のタイトルを思い出せない」「ママのドレス」「川の流れ」

全6曲の新曲が収録されています。

日向坂46は乃木坂46のように選抜・アンダーと分かれていないため、基本メンバー全員で楽曲を歌唱することになります。

 

特典映像「ひなたの休日」

特典映像には「ひなたの休日」と題した、メンバー自身が自分のある日の休日を自撮りで紹介した映像が収録されており、ファンにはたまらない内容になっています。

日向坂46公式のYouTubeチャンネルに一部のメンバーの特典映像がUPされているので、興味のある方は是非見てみてください。

 

 

レビュー

こんなに好きになっちゃっていいの?

作詞:秋元康

作曲:前迫潤哉、7th Avenue

歌唱メンバー:井口眞緒、潮紗理菜、加藤史帆、齊藤京子、佐々木久美、佐々木美玲、高瀬愛奈、高本彩花、東村芽依、金村美玖、河田陽菜、小坂菜緒、富田鈴花、丹生明里、松田好花、宮田愛萌、渡邉美穂、上村ひなの

赤太字はセンター

今シングルの表題曲です。センターは3作連続で小坂菜緒さんが務めます。

日向坂46の今までのシングル表題曲は、如何にもアイドルソングらしい明るくポップな楽曲だったのですが、今回はテイストが全く異なり、どちらかというとナーバスな雰囲気になっています。

聴いた感想としては、乃木坂46の「気づいたら片想い」にどこか似ているような雰囲気を感じました。

ライブではコールなしで聴き入るような楽曲になっていくのではないかと思います。

 

 

ホントの時間

作詞:秋元康

作曲:野村陽一郎

歌唱メンバー:井口眞緒、潮紗理菜、加藤史帆、齊藤京子、佐々木久美、佐々木美玲、高瀬愛奈、高本彩花、東村芽依、金村美玖、河田陽菜、小坂菜緒、富田鈴花、丹生明里、松田好花、宮田愛萌、渡邉美穂、上村ひなの

「こんなに好きになっちゃっていいの?」とは異なり、今までの日向坂46のイメージに沿った明るくポップな楽曲になっています。

歌詞は恋する2人の時間の流れを歌っていて、まさにアイドルソングらしいものになっています。

個人的にはこのシングルで1番のお気に入りかもしれません。

 

 

まさか 偶然…

作詞:秋元康

作曲:ふるっぺ

歌唱メンバー:富田鈴花、松田好花

「はなちゃんず」による2期生2人のユニット曲になります。

ゆったりとした曲調で、どこか懐かしい感じがする、思わず聴き入ってしまう1曲になっています。

この楽曲を歌唱する富田鈴花さんと松田好花さんについて面白い記事があったので下にURLを載せておきます。

新たな視線でこの楽曲を聴くことができると思います。

 

 

一番好きだとみんなに言っていた小説のタイトルを思い出せない

作詞:秋元康

作曲:辻村有記、伊藤賢

歌唱メンバー:上村ひなの

日向坂46唯一の3期生である上村ひなのさんによるソロ曲になります。

ほんわかしているイメージの強い上村さんですが、歌声はきびきびとした力強いもので、初めて聴いたときは正直驚きました。

曲調はコミカル調でセリフもあったりして、覚えやすい楽曲ではないかと思います。

また歌詞は世界観が非常に難しく、そこは上村さんのイメージ通りだと思いました。

 

 

ママのドレス

作詞:秋元康

作曲:野村陽一郎

歌唱メンバー:潮紗理菜、加藤史帆、齊藤京子、佐々木久美、高本彩花

けやき坂46時代から存在した「りまちゃんちっく」の5人によるユニット曲です。

明るくミュージカル調な楽曲で、「デュワ デュワ デュワ」「パッパッパッパ」といった可愛らしいコールがあるのも特徴です。

ライブ映えしそうな明るい1曲になっています。

 

 

川は流れる

作詞:秋元康

作曲:中野領太

歌唱メンバー:井口眞緒、潮紗理菜、加藤史帆、齊藤京子、佐々木久美、佐々木美玲、高瀬愛奈、高本彩花、東村芽依、金村美玖、河田陽菜、小坂菜緒、富田鈴花、丹生明里、松田好花、宮田愛萌、渡邉美穂、上村ひなの

通常版に収録されている楽曲です。

サビから始まる珍しい楽曲で、疾走感溢れる1曲になっています。

 

 

まとめ

明るい楽曲が多め

個人的な印象としては、明るい楽曲が多いなと思いました。

表題曲である「こんなに好きになっちゃっていいの?」は今までのシングル曲にはない、どちらかというとダークな曲調なのですが、他の収録曲は日向坂46のイメージ通り明るいものが殆どでした。

 

みなさんの口コミ・人気曲は?

みなさんの感想を見てみると、表題曲の「こんなに好きになっちゃっていいの?」が1番人気のようです。今までとは異なるテイストなのにも関わらず評価が高かったのは非常に良いことなのではないでしょうか。

次点で「ホントの時間」や「川は流れる」も評価が高いようです。

個人的には「ホントの時間」が1番のお気に入りで、ライブ映えしそうなのではやくライブで聴いてみたいです。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。